2010年07月17日

音楽という居場所、音楽という救済

こっちのブログに書くのはご無沙汰になっていました。

というのも、5月の自分の誕生日からTwitterを始めまして
すっかりはまって(笑)音楽ネタも専らそこで見つけてそこで反応(笑)。
SeesaaはTwitterとの連携機能もありますが
音楽ネタだけ選んでこちらに自動的に転載、というのは今のところないので
・・・将来的にハッシュタグを選んで、とかできるようになれば良いですが
手動でこちらに移すのも面倒くさく(笑)
結局こちらに反映されずになっております(笑)。

Twitterを始めて改めて気づいたのは、
自分にとって音楽が占める大きさ、重要性。
音楽、というよりもアーティスト、なのかもしれませんが
音楽とは関係ない職業、キャリアを目指す道を選んで早何年、
ラジオもつけっ放しでなく、好きなアーティストの番組しか聴かなくなり
テレビは・・・家になくなって数年(笑)
京都はワンセグで極端な2局しか見られず(笑)それも最近USBが接触不良・・・

・・・そんな、音楽と(前に比べれば)縁遠くなりつつあった私の生活、
しかしTwitterを始めて、私が真っ先にフォローし始めたのは
あの頃、中学、高校、その後数年、と見聞きしていたアーティストの方々。
インターネットがあって、検索すればチェックできなくもなかったけれど
Twitterだとつながりっぱなしにできる。
1度フォローすれば最新!の近況がひっきりなしに入ってくる(笑)。
下手すれば、大好きなあのアーティストのレギュラー番組が毎日オンエアされているかのような(笑)。

数えていないですが、現在私がフォローしている200人弱の中で
おそらく半分以上はアーティストさんや、DJやライターさんなど音楽に関わる人ですね。
次に多いのがニュースかな、もちろん音楽ニュースのアカウントも。
自分が自分の道として選んだ分野よりも、音楽(正確にはアーティスト)漬けの日々にTwitterは変えてくれました(笑)。

元々知っていたアーティストさんだけじゃなくて
自分の知っていたアーティストさんとよく絡んでいるアーティストさんもフォロー(笑)
あるいは、LOSTAGEというバンドは、たまたま鹿野さんのUstream番組でゲストに来ていて、何の気なしに見ていたら、面白い展開になって(笑)
(まぁ、これはその場に居合わせた人にしか判らない面白さでしたが)
その日まで全く知らなかったのに、フォローしてから音楽を聴くよりそのツイートにはまり(笑)
もちろん、かっこいいロックをやっているのですが(笑)
さらにつながりの人をフォローしてしまったほどだったり。

もちろん、自分が音楽好きということもあるんでしょうけど
それと同じくらい、アーティストという「人種」が好き、
もしかしたら自分の性格は他のどこよりもその人種に近いのかも、
波長が合うのかもしれません・・・。

それと時を同じくして、私は今、体調不良という名のスランプに陥り
・・・なんか、一言では言い表せないですが、これまでのツケが出てきた感じで
日々、自分の心の問題と向き合っているこの頃ですが
・・・今私が身を置いている環境、Twitterをつけっぱなしにし(笑)
深夜になっても明け方になってもアーティストが会話をしている(笑)・・・
・・・これって、不登校だった頃、高校を辞めたあと、など・・・昔に
深夜ラジオを聴きまくっていた頃と変わらないんじゃないか、と・・・。

つまり、閉じこもっていた十代後半に逃げ込んだ「駆け込み寺」に
スランプに陥った今の私は再び舞い戻ってきている、ということ・・・

Twitterを始めたのはたまたまだったのかもしれないけれど
私の居心地のいい「居場所」はアーティストたちがたむろっている場所なのかも(笑)。


そして、一昨日のことですが、夜帰ってきて食器を洗っていて
私はお皿を1枚割ってしまいました。
これまでもそんなことはしでかしていたので、
割れたお皿の破片を拾って処分しましたが・・・

その後疲れて食事も作らずに寝てしまい、深夜に起き出して
Twitterを開くと、どうやら何人かのアーティストさんとライターさんが
誰かを追悼するようなツイートをしているのを見かけました。
私は知らない人のようだけど、私のよく知るアーティストさんが何人も呟いていて・・・

それで、元Laputaのakiさんの呟きのキーワードを基に検索をかけたら
そんなようなニュース記事を発見。
やっぱり私は知らなかった人でしたが、以前に所属していたバンド名に見覚えがあり
いろいろ検索しようとしても、インターネットの調子が悪いのか
アクセスが殺到しているのか、なぜかしょっちゅうダウンしてしまう。

それで、朝には訃報のニュースが駆け巡っていたわけですが
亡くなられたボーカリストさんととりわけ仲の良かった顔触れの中に、
私がフォローしていた別のバンドのボーカリストさんが2人いました。
その2人とも、私はバンド名は以前から知っていたけれど
1人は私とほぼ同世代、もう1人は年下だったこともあって
私が音楽をよく聞いていた時期からずれてしまっていてチェックしていませんでしたが
このTwitterをきっかけに身近になっていた2人でした(笑)。

つまり、亡くなるまで知らなかったその方、
そして、彼の突然の死に際して悲嘆に暮れる、
しかしTwitterをしていなければよく知ることもなかった2人・・・
彼らに私は他人事ではいられない気持ちになったのでした。
特に心の病の只中にある私は、亡くなられた方の気持ちがわからないでも気がして・・・。

そしてもうお1方、訃報を前に呆然自失としていたライターさんの、
彼の死の直前に図らずも行われ(、出版され)たロングインタビューが
その雑誌が売り切れたとのことでブログにアップされ↓
http://ameblo.jp/axlcom/theme-10024930600.html

私は、スピッツのライブに出かける前だったので、
最後の(6)にだけちらっと目を通して、後で読むことにして出かけたのですが
その記事には死の影がちらついているというか、
自分では死なないと言っているけど、少なくとも死の存在を意識したものでした。

そしてスピッツのライブ初参加。
私は直前であれこれ予定変更したこともあって
ぎりぎり会場に滑り込み、席に着く前にステージが始まってしまったり。

スピッツはアルバムを何枚か持っているものの
上に書いたようにここ数年は殆ど把握できていなかったのに
京都でライブということで初めて足を運んでみたのですが
・・・会場のみなさんのノリのよさに戸惑ってしまいました(笑)。
た、確かにロックバンドのカテゴリーには入るだろうけど・・・
私的には草野さんの癒し声にまったりと聴く方だったのですが・・・(笑)
それに草野さんへの「かっこいい」コールにびっくり(笑)
いや、確かに素敵な方ですが・・・予想以上にファンのみなさんの熱心な声援にずっと支えられていることを実感(笑)。
最新曲からデビュー曲まで、私の好きな曲もたくさん演奏してくれましたよ。

・・・それで、1曲目から、それも私の知らない曲だったのに
なぜか号泣する私。
自分でも理由が判らないまま、涙が流れて止まらない。
最近、そういうことが多くて、何かの拍子に涙腺が緩むのは
もしかしたらようやく自分の心が浄化に向かい始めたのかも・・・。

ただ昨日は、もしかしたら、その亡くなられた彼のことを思い出しては
涙が溢れたのかもしれない。
いわゆるビジュアル系のアーティストさん、と、スピッツ(笑)
全くかけ離れているのにもかかわらず
音楽というものは癒しを与え、魂を鎮める・・・
私にとっては、このライブが、彼へのレクイエムのように感じられ。
草野さんの優しい歌声は、涙を誘わずにはいられませんでした。

それも、Twitterを始めていなければ、
きっと私はこんなに彼に感情移入することはなかったはず、
それでも、会ったこともない、直接の友人でもない、
ただTwitterでフォローしている人(本人でなく)の知り合いというだけで
こんなにもシンパシーを感じるのは、彼の死を、涙を流して悼むのは
自分でも不思議な気がしますが・・・それも音楽(とTwitter)が取り持った縁なのかもしれません。

自殺かどうかはわからない、私自身は事故であったと思いたいけれど
最後には死を選んでしまった彼も、これまで音楽に救われてきたはず・・・
亡くなる前、どんな心境であったとしても、今は心安らかに眠ってください。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

私は、彼ほど過酷な人生を歩んではいませんが
あのインタビューの言葉の真意はわからないまでも、重ならない気持ちがないわけでもなく。
それでも、音楽は苦境に陥った私にも居場所を与え続けてくれ、
そして私は音楽に救われている、あの頃も、今でも。


posted by MG at 08:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | #
この記事へのコメント

大変、久しぶりです。

覚えていますか?

最近、ブログから遠ざかっていました。

記事によると、ツイッターを始められたそうですね。
小杉さんの情報って入ってきますか?

愛知県では、ずいぶん前に小杉さんのラジオが終了しました。

小杉さんは、一体どうしているのでしょうかね?
Posted by Matsuoka at 2010年07月25日 00:06
Matsuokaさん

お久しぶりです。
いつもコメントありがとうございます。

ムーンドッグアワー、終わってしまったそうですね…。
聴けないながらにも、残念に思っていました。

昔、同じぐらいの時期によく聴いていた
NHK-FM「ミュージック・スクエア」でDJをされていた
中村貴子さんの番組「MIXUP」も
今年3月で終わってしまい、
こちらもものすごい遅い時間で、しかも地方から電波を拾っているので
毎回聴いていたわけではありませんでしたが
私的に「懐かしい」テイストの番組が終わってしまい
残念に思っていたところでした。
http://www.tbsradio.jp/mixup/index.html

小杉さんの近況・・・
聞かないですね・・・少なくともツイッター上では・・・
でも、「懐かしい」アーティストさんたちにはたくさん再会できて
毎日彼らの近況が入ってくるのはなかなか楽しいです。

私はあまり音楽雑誌を買わないのですが
もしかしたらどこかの雑誌で記事を書いているかもしれませんね、
小杉さんの本業はライターさんですから(笑)。

Matsuokaさんも、どうぞお元気で。

Posted by MG at 2010年07月26日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/156582598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。