2006年05月05日

ためす

前回の投稿で、手離しで絶賛したものの
CDを手にしてから数日は、hydeさんの真意が私にはつかめませんでした。

…hydeさんはキリスト教に目覚めたのだろうか?
それとも類似の宗教に…(だって前のアルバムだけどAwake!なんてねぇ)?
…まるでクリスチャン・ソングに出てくるような歌詞も満載…
…でも、それにしては、本物の(?)クリスチャンだったら言わないような言葉も…
…ジャケット写真だって、自らをキリストに擬(なぞら)えるなんて…信者だったら冒涜だよね…
…言っていることが一貫していないところもあるし…
…どっちかというと、どぎつい(?)インパクトを与えるために、
極限の状態というか、「極み」「際(きわ)」を表現する、見せつけるために
そういう言葉を利用してる印象もあるんだよね…
…まるで私たちリスナーの倫理観を試すかのように…どうだ、って…

…hyちゃんは、私たちを試してる、challengeしてる…?

「challenge」という言葉は、カタカナ語の「チャレンジ」というポジティブな(?)意味の他に
「試す」という、何ていうのかな、「商品を試してみる」という意味じゃなく
たとえば誰かが言ったことを「本当にそうなの?」って問い質す、切り崩そうとする、とか
それとは逆の仮説を提示したり、挑戦状を叩きつけるような、そんな…ネガティブでもないんだけど
ちょっと意地の悪い(笑)意味合いもあります。
日本語でちょうどしっくり来る言葉が思いつかなかったんだけど
まぁ「試す」にはそういう意味もあるよね、あとは…「揺さぶりをかける」とか
「挑発する」も遠からず近からずかな…。

で、例に漏れずextensive promotion/exposure week(直訳したら過激だよね・笑)
1人暮らし貧乏でTVもない中(苦笑)追える限りは追いました(笑)。
名古屋のAMとかね…引っ越してなかったら聞けてたのに…雑音のみでした…(笑)
まぁでも大阪のFMは逆にこっちにいたから聞けたんだな。
今回のインターネットメッセージもOriconが1番「曝け出してる」かな(笑)
あと幾つか残ってるかな? ま、でも大体判ってきました(笑)。

私の感じたことは、そんなに的外れでもなかったみたいです。
元々がライブ(の演出)を想定して作られた曲たちで、
「FAITH」というアルバム名も、たまたまこれになったけど
この「信仰」というテーマを中心に据えて作っていたわけではなかった、と。
自分はクリスチャンではないとはっきり否定していたし
キリスト教の中のモチーフみたいなものが好きで、英語への憧れから使っている、と。

曲と曲との一貫性のなさもそれで理由がつくし
それを唯一繋いでいるのは「HYDE」という価値観のフィルターなのかも…。
「宗教というより愛と死」「人々に自分という傷をつけたかった、
人の心に響く詞を書きたかった、記憶にとどめてもらえるような」
「今の売れている音楽の詞って、薄っぺらというか、上っ面しか歌ってないようで、
そんな中で自分がこういう意味のある詞を書くこと…俺がやるしかねぇなぁって。
それがチャート上位に来るってのがね」(殆ど私の記憶による再構築です、そのままではありません)

でも、MGは10年以上も応援していて、愛情を持って言うけれど(笑)
…洋物かぶれだよね…(笑)
…って言うのは、もっと自信を持っていいのに、
hyちゃんの書く日本語の歌詞は英語詞よりもずっと、他の誰よりも美しいのに(笑)
音楽性だって私が聴く浅い(笑)範囲では世界一なのに(笑)
…結構多くの日本人が持つ特有のコンプレックスの顕著な例だよね…
…とニュージーランドの大学を出た自分が言う筋合いないか(笑)。

まぁそんなこんなで、すっとしました(笑)ほっとしました(笑)。
最初はこの詞が重くってねぇ、心がずしんと重くなって
いつものように連続リピートでエンドレスで聴けないほどでした。1日2回が限度とか(笑)
ライブハウスツアーのためのアルバム、ってわけか…ホールには潜り込めたけど…悔しいな…。
多分この詞でhydeさんが伝えたかったことはほぼ届きました、少なくともMGのところには。
でも「これまでのように曖昧にしてきたんじゃなくてもっと直接的な表現」が
却ってあらぬところで誤解を招くというか、心配しなくてもいいことまで心配してしまいました(笑)
(多分今までの詞で充分MGはそのメッセージを感じることができていたので、
ここまでサービスしていただいて却って戸惑ってしまったのかも・笑)。
Adonis Blueから着想して、どんどん近づいてきているというより
きっと元々似通った価値観を持ち合わせていたんだな、だから私が好きになったんだ、最初から。
それはある意味偶然でも何でもなくて、シンクロニシティでもないのかも。

それに、買った当初はその「物議を醸し出す」歌詞にばっかり気を取られていたけど(笑)
このアルバム、サウンド面でもものすごいです…参加陣も(気づけば・笑)豪華ですよね…
聴いているうちにだんだんメロディーが「歌詞ごと」残ってくるわけです、
で(聴きすぎてるせいだけど・笑)あの曲のあのサウンド(とかリフだけとか)、と頭の中で鳴って
またそのフレーズが聴きたいがために再生して、また全曲聴いてしまうわけです(笑)。
この歌詞とメロディー、それを支えるサウンドとの相性というか、がっちり組んでいる、
結びつきがこれまでになく密になっているところが
これまたこの詞たちを(曲に合わせて)じっくり時間をかけて書いたんだな、と思わせてくれますね。

「自分のファンはどんな子たちですか?」と訊かれて
「いい子たちが多いかな、悪いことなんてできなさそうな」と…
…それってMGも典型的なファン層ってことですか…それも結構なストライクゾーン…(笑)
自分は異端だと思ってたのにな…(笑)でも噛みつくと恐ろしいことずけずけ言ったりするよ(笑)
そんな悪魔の一面も(笑)でも根は喧嘩弱いからね(笑)ま、そんなところも似てるのかも(笑)。
posted by MG at 15:21 | Comment(2) | TrackBack(2) | mon premier amour | #
この記事へのコメント
MGさんお元気ですかー?
自分はあいかわらず、ラジオを聞きながらほそぼそと生活しています(笑)。

MGさん聞いて!元LRの黒沢秀樹さんが新しい作品「summer」をだしました。
事務所のourhouseさんの了解をとって、自分のネットラジオ「インディーポップマジック」で紹介しています。
なんだかJ−POPの頃を思い出して、懐かしい気持ちになります。
J−POP仲間のMGさんなら共感してもらえるかなー、と思ってコメントさせてもらいました(笑)。
Posted by Matsuoka at 2006年05月14日 19:14
Matsuokaさん、コメントありがとうございました。
お返事遅くなってすみません。

Matsuokaさんのブログにコメント返しさせていただきますね。
Posted by MG at 2006年05月21日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17418030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

HYDE - FAITH
Excerpt: 約2年4ヶ月ぶりとなる待望のオリジナル・アルバム!!
Weblog: HYDE - FAITH
Tracked: 2006-05-12 22:34

シンクロニシティで願望実現【シンクロニシティを起こす方法】
Excerpt: シンクロニシティを味方にして願望を実現する。潜在意識に刷り込むことでシンクロニシティを起こす方法。シンクロニシティの定義から実際の起こし方を考えるブログです。
Weblog: シンクロニシティで願望実現【シンクロニシティを起こす方法】
Tracked: 2006-05-14 19:37