2005年05月19日

ずっと好きでいてよかった(笑)

ご報告が遅くなりましたが、
5月11日(水)のザ・カスタネッツ(とメレンゲのイベント)ライブ、
参加してまいりました。

いつもは周りに「しっかり者」として見られがち(そうでもないのに)の私、
しかし時々とんでもないときにとんでもないへまをしたりします(笑)。
この夜もその悪い虫が疼きました(笑)。

な、何と…ライブに遅刻しました(笑)
それもライブ会場をすっかり勘違いしていて(笑)
…会場はダイアモンドホールの地下1階にあるアポロシアターだったのですが
…何をどう勘違いしたのか、駅から出た瞬間まで
一昨年のCURIOのラストツアーのときに行ったところだと思い込んでいました
…CURIOのライブはハートランドでした(笑)。

で、行ったことあるからって、ろくに地図もチェックしないで
最寄り駅は新栄町だよね、ってそれだけ頭に入れて
ホームから地上に上がったとき、…新栄町って、来たことあるけど
…あのライブの夜に見た景色じゃないよね、って…(笑)。

そんなわけで、一応通りの道沿いに歩いてみたもののそれらしき小屋は見当たらず
15分ぐらいかな、歩いてようやくコンビニに飛び込んでぴあを立ち読み(笑)
目と鼻の先にあるはずなのに、地図を確認して猛ダッシュしました(笑)。

そのとき確かライブ開始時刻から10〜15分ぐらい経っていましたが
「カスタネッツ順番先じゃないよね?先じゃないよね?だって先輩だもんね?」
と心の中で祈りつつ、ライブハウスの重い扉を押し開けると…メレンゲでした(笑)。
あぁ助かった(笑)。

メレンゲは、どっかでバンド名を見た覚えもあったような気がしましたが
まっさらのままでライブを見て、メロディーとかは悪くないよね…と思いつつ
聞いていて、…あ、もしかしたら聞いたことあるかも…
スペシャへビーウォッチャーの私としては(笑)
で、あとで渡されたフライヤー見たらメジャーデビューもしてたんですね。
何だか若い子(中高生とか?)はメレンゲ目当てで
もうちょっと上の世代がカスタネッツ目当てな対バンだったかもしれません(笑)。

…ライブ始まるまでの前置きが長いですが(笑)
もうちょっと前置き続きます(笑)。

そう、遅れてしまったので既にライブハウスは満員で
前にも全然行けず…と思ったら、メレンゲのライブが終わった途端
最前線のファンの子はトイレに行ったりとみな引いていきました(笑)。
その流れに流されてそのまま前へ(笑)…なんと、何も頑張らないでも
中央ボーカルスタンドの真正面の、最前列とはいきませんでしたが3列目に。

えー…こんなの全盛期じゃ信じられない…(笑)
しかも、セッティングを待っている間、ふとステージを見ると、
遠い昔に見覚えのある人影…
…あれ、あのギターのチューニングしてるのってギターの小宮山さんじゃ…?
ギタリスト本人がライブが始まる前にステージ出てチューニング、なんて…?(笑)
しかも、そのあとからベースの若月さんまで…そして
ドラムセットの前に来て客席に背を向けてギターのストラップをかけているのは
…牧野さん!?
…記憶にあるお姿より随分おっさんぽいなぁ…(笑)

…というわけでインディーズだけあってメンバー自らライブ前のチューニング。
いやぁ「arco iris」のライブ3度も見ている自分としては考えられなかったです(笑)。

そしてステージが明るくなり、牧野さんの最初の一言。
「今朝のはなまるマーケットの、松岡クンの髪形に影響されてのオールバック。
2度とないこの髪型、しかとその目に焼き付けておくように」
…なるほど、道理で(笑)。
久方ぶりに見たライブにたまたまそんな髪型してくるとは(笑)。

しかし、いざ演奏が始まり歌い出した牧野さんの瞳は
私の記憶の中にあったものと全く変わらず、きらきら輝いて
そしてボーカリストとしての華を備えていました。

…確か牧野さんって私より1周り+1歳年上だったはずだから…(笑)
…ってことは今…37歳…(笑)…それにしては
全く大人とは思えない、きれいな、少年の瞳をしているなぁ…
…と至近距離で見つめてました(笑)。毛穴も見える距離(笑)。
メンバーと目を合わせてにこっと見せる笑顔が、これまた素敵で(笑)
…いや、牧野さんの笑顔はほんと人を幸せにしてくれますって(笑)。

そしてついていけるかちょっぴり心配だった曲の方も
私の大好きな曲ばかり沢山演奏してくれ(笑)
私を呼び戻した「うつつの世界」さえも(笑)すっかり堪能。
…それも1mぐらいしか離れてないこの近さ(笑)。
2年前のbubble fesのときはステージがもうちょっと高かった気がするけど
ほんとこれまた低くて近くて(笑)心理的な距離もこれまた物凄く近い、
アットホームな雰囲気。
…あぁ、あの頃から今までずっとカスタネッツのこと好きでいてよかった…(笑)。

アンケートの文句(言葉)を考えていて、
何年ぶりだろうって数えてみたら、もうかれこれ8年前ですよ、
私のライブ初体験(笑)&初めてカスタネッツのライブに行ったの。
そうか、私は8年ぶりに彼らのライブを見たんだなって…8年経ってたのか…(笑)。

あの頃は初めてのライブで、何もかも初めて尽くしで(そりゃそうだ)
スタンディングライブだったけど恥ずかしくて前に行けなかった私が、
今じゃ堂々と牧野さんの真正面の、前から3番目に陣取って(笑)
…乙女の恥じらいは何処へ(笑)。それも十代というやつかな(笑)。
…というよりライブ慣れしすぎてるでしょ(笑)。

ライブが終わって、アンコールのコールが流れたら
牧野さんが1人でステージに戻ってきて、
「ごめん、今日30分押しちゃって、もう遅いから、アンコールはできません」
と自ら謝りに…その笑顔も素敵でした(笑)。

いつもぎっしりアンケートを書く私は
ライブハウス内も閉める時間になり、入口でずっと書いていました。
そうしたらスタッフが搬出だと言いながら何人も目の前で行き交って
…ギターのケースを抱えて階段を登ってきたのは、
何と、最初にステージで歌っていたメレンゲのボーカルの方。
ファンの子が数人来て、写真を撮ってもらっていました。
…入り待ち・出待ちをしたことのない私には、初めて見る光景でした(笑)。

売れることは、いろんな意味で良いことなんだろうけど
…その代償は計り知れない…(笑)有名税って、…高いよねぇ…(笑)
売れなくても、こんなに近くでライブを楽しめるなんて、それも結構良いんじゃないかなと
思ったりしてしまいました。

そんなこんなで、今まで慣れてきたライブの感覚ではありえない
アーティストとの距離の近さをいろんな点で体感してしまった今回のライブでした。
ライブハウスが小さいということもあり、カスタネッツが自主レーベルで
頑張っているのもあり、そして何より彼らの醸し出すアットホームな空間ですよね。
私が毎週欠かさず聴いていた(笑)彼らのラジオ番組のタイトルが
「スペースコロニー」だったのですが、彼らが持つほんわかムードが
会場を包み込んで、一体感というか、「コロニー」っていう場所・空間の感覚が
何だかすとんと腑に落ちる、カスタネッツの魅力を再認識しちゃいました。

…8年か…そりゃこの週末25にもなるわな(笑)。それでもまだ25?って話もありますが。
カスタネッツの新たな船出、密やかに応援しています(笑)。
posted by MG at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | mon premier amour | #
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3779156

メレンゲ 『少女プラシーボ』
Excerpt: 自分がメレンゲを好きになったきっかけのミニアルバムです。淡いジャケットと帯に書かれたGOINGの松本さんのコメントに惹かれ、ジャケ買いしました。まだこの頃は、インディーズでした。今でもこのミニアルバム..
Weblog: Matsuoka's Diary
Tracked: 2006-01-04 23:01