2014年06月10日

ちょっとおさらい

この2ヶ月で私がお邪魔したライブをまとめてみました。
こんなに短期間にこんな回数参加したことなかったからなぁ。


月日アーティスト府県会場収容人数参加回数
4/ 4moumoon京都KYOTO MUSE
350
4/12Plastic Tree京都KYOTO FANJ
500
3
4/29CURIO、ドミンゴス
大阪森山バンド
大阪阿倍野ROCK TOWN
300
2
(CURIO)
5/10阿久のぶひろ
(ex. RAZZ MA TAZZ)
京都嵐山 音や
30
5/20ゴールデンボンバー京都舞鶴市総合文化会館
1,500
5/22Acid Black Cherry愛知日本ガイシホール
10,000
5/24Jin-Machine大阪梅田Zeela
250
 
6/28(番外編)12012大阪ESAKA MUSE
400


収容人数は目安なので実際にその日来ていたお客さんの人数ではないですが
こうして見ると30人から10,000人まで幅広い大きさの会場に行きましたね〜。

単に自分が見に行きたいアーティストを選んだだけなのですが
今回は結果としてライブハウスが多かったですね。
距離が近いライブハウスの方が近さを感じられてライブに参加する醍醐味もありますしね。

あと、アーティストとしてはずっと前から知っていたにもかかわらず
今回(ワンマン)ライブ初参加なのが意外に多かったですね。
京都や関西に来てくれたら行こう、っていう私のフットワークの重さ(笑)。

あくまでも私の主観ですが
この中で1番良かったのは・・・金爆かな・・・
・・・100点満点中250点(笑)。
だって・・・いま人気とか勢いあるとか関係なしに、自意識過剰だとは重々承知しておりますが
単にアーティストが不特定多数向けに提供する演出を、観客として受け身で傍観するのではない
自分の人生が映り込むテーラーメイドのライブなんて、かつて出会ったことがあっただろうか(笑)。
自分の勘違いだと判ってはいるのですが、鮮やかにハートを射抜かれました(笑)。

意外に(?)楽しかったのはジンマですね。
何だか、気心の知れた友達と心置きなく遊んだという感覚でした。
日頃からツイッターなどで接している時間が長かったので・・・(笑)
もうちょっと私の方がヘドバンができて、体力充分だったらもっと楽しめたのにな。

閣下の「一矢報いる!」という言葉が今後どこまで届くのかはわかりませんが
(もう金爆の方は好敵手なんて思ってないのかな・笑)
古くから知った仲ということで切磋琢磨していってほしいですね〜。

もしかしたら今月番外編(?)があるかも?
アーティストのみなさん、楽しませてくださってありがとうございましたm(__)m



(追記)
↑に予告していた通り、これを書いたあとにチケットを取って
今年末で無期限活動休止に入る12012さんのライブに月末にお邪魔しました。

元々、ボーカルの渉さんが、ちょうど前回、4年前のワールドカップ南アフリカ大会に
観戦に行き、生存確認としてのブログが話題になってという不純?なきっかけで
この硬派バンドを知った私だったのですが(笑)
この金爆のライブに参加するちょうど前夜、同じく京都滞在中の金爆の淳くんのツイートに、
12012さん活動休止しちゃうんですよね・・・(/_;) といつものように返信したら
そんな日に限って初めてお返事をいただき・・・「泣くなら絶対観に行こう!!!」✕2と
・・・そんなわけでこの幸運の機を捉えて、ライブに初参加してみました(笑)。

この公演自体が、昨年末に渉さんの喉の不調で延期したライブの振替公演だったのですが
活動休止は発表されているし、時間は昨年末に巻き戻るし・・・でちょっと特別な感じでした。

硬派とは聞いていたし、曲もラジオで前から耳にしていて確かにハードなものが多いですが
フロアの、お客さん(「数子(女性)・数男(男性)」と呼ばれる)の雰囲気がとてもよくて
彼らの音楽を心から楽しんでいて、曲に合わせて振りをするのが楽しくて仕方ない、
そんなムードが初参加の私にも伝わってきて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
MCはそんなに多くはなかったけど、渉さんのピュアな人柄が場をほっこりさせたりも(笑)。

活動休止前に実際に彼らのライブを体感することができてよかったですね。
これもバンギャ男・淳くんが作ってくれた縁に感謝、ですね。
posted by MG at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | #
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック