2014年11月17日

ライブ参加2014秋(1)台風の夜

今年の春に、4月と5月の2ヶ月でライブ7本(+6月に1本)という
結構なハイペースでライブに出かけていたのですが
・・・実はこの今年後半も結構行っています(笑)。

今度は、10月に2本、11月に3本、そして12月に2本予定・・・と
3ヶ月で7本という・・・春ほど詰まってはいませんが
1年でこんなにライブに参加した年はこれまでなかったんじゃないかなぁ。

いちいちこのブログにレポート書いてなかったのですが
ツイッター自動まとめ投稿もオフにしてしまったし
自分のツイートを利用して
ちゃちゃっと書いてしまおうかなという試みを企てました。

というわけでこの秋の1本め。
マイナス人生オーケストラ 六執念記念主催スリーメン
蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ 合わせてぴょこぴょこ世界を滅ぼす
会場名  : ESAKA MUSE(大阪)
公演日時 : 2014/10/13(月・祝)
出演   : マイナス人生オーケストラ、Jin-Machine、毒殺テロリスト(1日限定復活)






このライブは、マイナス人生オーケストラさんの6周年をお祝いするというものだったのですが
・・・ツイートしたように私はこのライブがマイナスさん初ライブでした(笑)。
全然お祝いする立場になってないですね(笑)。

お目当てはジンマだったのですが
また追ってレポートするnon stylish wave(略称ノンスタ)というイベントライブが翌月にあって
そこは今度はジンマが主宰者で、2ヶ月連続来阪するのはわかっていたのですが
・・・ノンスタは1度見ておきたい、
でも・・・ジンマが3マンで見られるとしたら持ち時間長めだし見ておきたい・・・
というわけで選べずに両方参加しました(笑)。

ところが、前日になって台風が関西地方を直撃という予想進路、
それを受けてJRが当日午後4時以降運行休止という絶体絶命の状況・・・
当日になり、中止もやむを得ないと諦めかけていたのですが
お昼過ぎに、開催決行の決断が下され。

理由は毒テロさんがこの日を逃すともう2度と再結成しない
(メンバーが集結することはもうない)ということだそうで。
この荒天の中もう出かけることなくなるかなぁ〜と思いかけてましたが身支度を始め(笑)。
私の場合、京都の自宅から大阪・江坂市の会場までは、
京都市バス→阪急電車→大阪市営地下鉄で辿り着けるので
JR運休の影響はなく、台風のなか会場へ向かいました。
でもその3つの交通手段のどれかでも運休になったらどうしよう・・・と
帰りの市バスに乗るまでひやひやしていましたが。

・・・何だか、さくっと書こうとしたのに結果長くなってますね(苦笑)。
とにかく、マイナスさん5周年のお祝いもさることながら
台風のお陰で、この日はすごく「特別」な気持ちが高まっていたような。
JRは運休になっているし、来られなくなったお客さんはたくさんいたでしょうし
そうでなくても、来られても帰れなくなる可能性もあって大事を取った人もいたでしょう。
出演者側も、台風のなかよくこんなに集まってくれたなぁ〜って半ば驚きつつ感激しつつで
台風で、世間はみんな家に帰っているであろう時間に
このライブハウスの中だけで、帰りのことを顧みない(笑)人たちだけが遊んでいる・・・
という、何だか特別な「連帯感」みたいなものが生まれて
ライブもいっそう盛り上がった気がしました。
いつもよりアーティストとの心の距離も近かったような。

後日談として(まぁ当日MCでも話していましたが)
閣下が、この日初めて対バンした毒テロさんにいたく感銘を受け、
と言いますか、「まさかこんなところに同志がいたとは」と(笑)。
その日もらったCDを後日愛聴するのはもちろんのこと、
彼らのレギュラーラジオで2週連続でその話をし(笑)
先日のノンスタ仙台では毒テロさんのビジュアルを真似るところまで(笑)。

恐らく予定よりもこの日の3マンに参加できたお客さんは少なかっただろうなぁと思いますが
しかも東京じゃなくて大阪だし、
でも、その日に毒テロさんのライブをこの目で見られた私は
閣下の心が「揺さぶられ」た、その瞬間に立ち会えた気がして、
その後閣下が毒テロさんの話を持ち出す度に・・・得した気分です(笑)。


 ↑
私がこの日のライブで初めて聴いて、いいなと思ったマイナスさんの曲。
改めて6周年(執念?!)おめでとうございます☆ミ


サブカルチャー入門~もしもし渋谷~
サブカルチャー入門~もしもし渋谷~
マイナス人生オーケストラ

関連商品
人間の証明 凡ての凶人は天国へ向かう。 凡ての凶人は天国へ向かう。 桜ヶ丘流星群 バンギャルちゃんの日常 2
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. 凸[inst.]
2. ワールドイズノットマイン
3. 突
4. 少女、時々雨。-心中編-
5. サラバ重力
6. 死に損ないのサプカルチャー


posted by MG at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽ロック | #
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック