2016年05月22日

年甲斐もなく

私事ですが
(このブログには私事しか書かないですが・笑)
本日誕生日を迎えまして・・・ますますいい歳になりました(笑)。

そんな・・・私の近況はと申しますと
こんないい歳なのに・・・
KEYTALKにはまっているところです(笑)。

いやー、まさか自分がこの歳になって
このバンドにはまることになるとは思いもしなかったな・・・(笑)
だってメンバーのみなさん、私より8歳も年下(学年で)ですよ
(これで私の歳がバレる・笑)。

そしてそれまで全然知らなかったわけではなく
ずっとバンド名は目にしていて
しかも彼らのレギュラーラジオ番組も聴いていたのに・・・
(昨年のフェイバリット10にも「スターリングスター」入れていましたし)
何故か今、ですよ。
遅すぎる・・・何もかも・・・。

きっかけというのが・・・強いて言えば
・・・そのレギュラー番組が今年3月に終わったことかも(笑)。
当たり前に存在していたものがなくなってからその大切さに気づく・・・(笑)

元々・・・いつ頃からかなぁ、ラジオ聴き始めたのは・・・
その帯番組「KINGS PLACE」のお隣KANA-BOONはチェックしてたんですよ(笑)。
(先代の水曜日のKANA-BOONの方はずっとチェックしていたのに
先代の木曜日のKEYTALKはノーマークだったのが今になっては悔やまれる・・・
ちなみに先代の火曜日のandropも聴いていたのにな・・・笑)
それでこの番組は「横の繋がり」が強くて
他の曜日のレギュラーアーティストと対談したり一緒にイベント開催したりしていて。
それで下ネタ多めの楽しい人たちだというのは知っていたのですが(笑)。

そのうちに「スターリングスター」をどこかで(やっぱりこの番組かなぁ)耳にして

私アニメも見ないのでドラゴンボールの主題歌だったということも全く知らず
純粋に曲だけ聴いていい曲だなぁと思って
それから木曜日もチェックするようになったんですよ。
でも、昨年末もブログにこの曲のMVを貼りつけておきながら
ろくに映像も見ておらず(笑)彼らのルックスとかも全然知らないまま
ラジオだけを聴いていたんですね。

そして、ラジオのレギュラーが終わった直後に発売された「HELLO WONDERLAND」も
これまたいい曲だなと
(当然発売前にこの番組でかけてたわけですけど)・・・

で番組が終わっちゃったから定期的に曲が聴けなくなるわけじゃないですか、
それで新曲のプロモーションであちこち見かけるようになって
この曲もYouTubeで何度も見るようになり・・・

でも今月に入ってからなんですよ。
彼らのプロフィールを検索し(笑)
過去インタビューなども読んでみたり
(ドラムの八木ちゃんは東京出身なのに何故愛知出身の私と同じ中日ファン?とか・笑)
YouTubeに上げられている「KEYTALK TV」という
所属事務所(メジャーデビュー前はCDもそこから出していた)が制作した
動画も全部チェックし(笑)(最近は見尽くして何度も同じのを見ている・笑)
MVメイキングというか撮影風景の動画もあったので
それを爆笑しながら鑑賞し(笑)たら本編のMV自身も見たくなって
インディーズ時代の曲も聴いているうちに・・・
あれ、いい曲だな、あれ、これもメロディーが耳に残る・・・
と・・・気づけばエンドレスで動画漬け(笑)。
そして1曲また1曲とiTunesでダウンロード。

(その結果、1週間前のライブフェスMETROCK大阪のセットリストを見ても
新曲しかぴんと来ていなかった私が・・・
昨日のMETROCK東京の生中継を見たときには全曲イントロで何の曲か判るように・笑
この1週間の中毒具合やばい・・・笑)

・・・そうなんです、ということで
私は、彼らの最大のヒット曲(現時点で?)である
「MONSTER DANCE」も、「桜花爛漫」(アニメのタイアップ)も
・・・当時スルーしてたんです(笑)。
いやー、どこかで聴いていたことはあったかもしれないけど
当時の自分には全然引っかかってこなかった・・・
いや、普段から音楽好きと言っていながら
自分が知っているアーティスト以外の曲はちゃんとチェックしていなかったんだな・・・と
自分で自分を激しく責めています(笑)。

YouTubeやTwitterのコメントなんかを見ていると(今知った)
変わってしまった、昔の方がよかった、と嘆いている人もいるみたいですが
確かに「MONSTER DANCE」の人たちとして
私がこんなにはまることはなかっただろうなぁ・・・
でも私は新しい曲の「スターリングスター」「HELLO WONDERLAND」で
好きになったので、昔も今も響く要素があるんだと思いますが。

私がL'Arcの大ブレイク、ヒットにリアルタイムで立ち会っていたときも
以前の曲調からは随分変わっていきました。
が、新曲が放たれる度に、全く意表を衝いてくるけど、それもまたかっこよかった、
いい曲が多かったです。
何というか・・・こういう曲調がいいとかとやかく言うことじゃないような・・・
自分の思い通りにしようと相手を縛ろうとするものじゃないといいますか・・・。

何しろKEYTALKのみなさんは若いので(私の立場からというのもありますが)
音楽をリリースしながらも、同時に現在進行形で新たな音楽(EDMとか)の影響を受けて
それをまたアウトプットしているんじゃないかって気もしますね。

今1番はまっている曲は「太陽系リフレイン」(2012年)。

正直タイトルからこの曲調は予想つかなかったな・・・
(昔は詞が文学的だったのに・・・というコメントもありましたね、
でも私は「HELLO WONDERLAND」で初めてベースボーカル義勝さんの詞を読んだとき
そこはかとない「只者ではない」臭といいますか(笑)高尚さを感じましたよ)
リリース当時もこのタイトルは目にしていたような・・・今となっては淡すぎる記憶ですが
なんで聴こうとしなかったんだ・・・当時の私・・・(今になって責める)
MVの無音から始まるイントロがぞくぞくしますね。そして最後までかっこいい。

実は私は、彼らのインディーズ時代の最初からプロデュースしていた
TGMXこと田上さんのTwitterをフォローしていたんですよ・・・
(いつ頃かなぁ・・・多分私がTwitterを始めた2010年頃・・・
きっかけは恐らく私が見ていたSPACESHOWER TVのUstゲストにいらしたからかな)
それなのに・・・田上さんが彼らのプロデュースを始めた頃からだったのに・・・
何故・・・見逃してたんだろう・・・彼らの曲を当時聴いてこなかったんだろう・・・
(今になって激しく後悔)
まぁ当時彼らは21、2歳ですか・・・自分には若すぎてノーマークだったのかな・・・
出会うタイミングというものがあるんですね・・・。

ゴールデンボンバー以来ですよ、こんなにはまったアーティストは。
(私が好きな曲は総じて義勝さん作詞作曲のものばかりですが
金爆のキリショーくんと共通しているのはルーツにサザンを挙げているところですね)
それも自分よりも年下のアーティストに。
金爆の場合はMALICE MIZERとか自分とぎりぎり同世代の音楽ルーツがあったけど
KEYTALKとなると既にその1世代下がルーツになってますからね、恐ろしい(笑)。

この前、(平均?)33歳を過ぎると新しい音楽を聴かなくなるという
Spotifyの調査を聞きましたが・・・
私その年齢過ぎてもこうして新たにアーティストにはまっているという・・・(笑)
精神年齢が幼いのもありますが(笑)私の場合まだ学生の身分というのもあるでしょうね、
働いていた時期もありますが忙しいとなかなか新しい音楽探す余裕もなくなるので・・・

・・・久しぶりに誰か(何か?笑)に夢中になるという感覚を味わってます(笑)
まぁでも年下すぎるのでファンというよりは温かい目で見守る感じですね(笑)
ライブも若い子が多そうだし人気すぎてチケット取れないし行かないかなぁ・・・

これまた金爆と共通するところは4人それぞれのキャラが立っているところですね(笑)。
4人がわちゃわちゃしているところを見るのが微笑ましいというのも似ているかも(笑)。
それでまた金爆と同じように、まるでアイドルみたいな人気になってるところも
悩ましいところなのかな・・・?(俄な私)
人気商売なので人気が出ることは嬉しいけど・・・
でも純粋に音楽で評価されなくなるのは・・・
・・・というか傍から見て真面目そうに見られる私なのに(笑)
なんでそんなアーティストばかり好きになるんですかね・・・?(笑)

うーん・・・でも、最後は音楽、良曲だと思いますよ、私は。
「女々しくて」も「MONSTER DANCE」も私的にはそこまで引っかからなかったけど
そういうブレイクするパワーのある曲の存在が、他の(過去の)曲に興味を持たせたり
彼らの置かれている状況を劇的に変えていく力を持っているんだろうなと・・・。

KEYTALKの最近のインタビュー記事を読んでいると
初の武道館公演を終えて、更なる高みに挑もうとする意欲がありありと感じられるので
今後の彼らの更なる活躍を楽しみにしていますね。

最後に、今週発売週なのにここまで全く触れてこなかった(笑)新曲のMVと
今になって発売されるインディーズEP復刻盤の収録内容を貼りつけて終わります(笑)。

MATSURI BAYASHIMATSURI BAYASHI
KEYTALK

曲名リスト
1. MATSURI BAYASHI
2. boys & girls
3. wasted
4. 赤いサイコロのMAYAKASHI

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
初めてシングル表題曲を作詞作曲した「巨匠」ことギターボーカル寺中さんは、
誕生日も私と同じ5月で親近感も湧き
今は大変なことになっている熊本出身ということで
ソロでチャリティ弾き語りライブをしたりもしていて
(この忙しい最中に・・・スケジュール調整大変だったんだろうなと察し)すごいなぁ。

KTEP COMPLETE
KTEP COMPLETE
KEY TALK

関連商品
MATSURI BAYASHI HELLO WONDERLAND KEYTALKの武道館で舞踏会 ~shall we dance?~(DVD完全限定生産盤) AIM 【初回生産限定盤】(CD+DVD) KEYTALKの武道館で舞踏会 ~shall we dance?~(CD2枚組)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
CD
01. orange and cool sounds
02. 消えていくよ
03. amy(KTEP ver.)
04. A型
05. MABOROSHI SUMMER
06. color
07. 祭りやろう
08. アーカンザス
09. 太陽系リフレイン
10. マキシマム ザ シリカ
11. zero
12. happy end pop(KTEP3 ver.)
13. おはようトゥエンティ
14. 東京Star
15. 桜の風吹く街で
16. 物販
17. MABOROSHI SUMMER(Altanative ver.)

DVD
・「SUGAR TITLE TOUR DVD」「オムスターの逆襲DVD」のダイジェストLIVE映像
・「KEYTALK TV 2010-2013」抱腹絶倒のディレクターズカット版



PS
「太陽系リフレイン」にはまっていると書いて1日も経たないうちに
今は「MURASAKI」(2014年発売のアルバム収録曲)にだだはまりです(笑)

いい曲だなぁ・・・(嘆息)
メロディーセンスというか気持ちいい和音なのかな・・・?
(音楽理論はソルフェージュ数年で終わっているので感覚的な感想しか書けないですが)
自分でも呆れるくらい一旦はまると一点集中・・・(笑)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック