2016年06月09日

1ヶ月後

今日はロック(69)の日らしいですが・・・
そんな日にロックについてのブログ記事を投稿する意識の高さ(笑)。

ところで(笑)最近(というか昨日から・笑)この曲にはまっております。


B00RNI9LA2アイのシナリオ
CHiCO with HoneyWorks
ミュージックレイン 2015-02-03

by G-Tools

この曲は、1年前にリリースされているのですが・・・
またもや見つけるのが遅いですね(笑)。
こういう、鍵盤(シンセとかピアノ)の入った
ドラマチックな展開の曲、好きなんですよね〜。

きっかけは、ある男性の歌い手さん
(ニコ動独特の表現ですね、元々はボーカロイドなどの曲を
「歌ってみた」としてニコ動に投稿している人たちのこと)が
ネット生放送で歌っているのを何回か聴いていたのを後々思い出し
「あの歌、サビが印象的だったけど・・・」と思っていたのですが
昨日その曲を歌っているのに遭遇し(笑)
ようやく曲名が判りました(笑)。

そんなわけで、男性の声で聴いていたので
調べてみたら本家は女性ボーカルだったことに驚きました。
「歌ってみた」動画の中には男性が歌っているのも多くて
それもまた格好良いですね。


・・・さて、KEYTALKにはまって約1ヶ月が経ちましたが(笑)
相変わらず熱が下がるどころか上がっています(笑)。
公式動画は見尽くしたので(笑)
個人の方が上げているKINGS PLACEの録音を片っ端から聴き(笑)
番組を丸々上げているものは上がっている分だけ聴き尽くしました(笑)。
初回放送と2014年2月〜10月分だけ空白の期間になってしまっていますが・・・(笑)
不完全でも結構な長さの過去を遡ることができただけ有難いですね。
(まぁ番組のあまり放送内容に詳しくない公式ブログは過去分全部読みました・笑)

今はその番組内の他アーティストと対談する「KINGS MEETING」の
公式ブログに上げられているアーカイブを残っている分だけ順に聴いています(笑)。
もうすぐ全部聴き終わりそう・・・(笑)
次どうしようかな・・・(笑)聴くものがなくなっちゃう・・・(笑)
・・・また最初から聴き直そうかな・・・(笑)。
(ちなみに私のお薦めは、女性のアニメ声の台詞に萌え死にそうな義勝さんのです・笑
しかもこの日付、1年前の私の誕生日じゃないか・・・何たる偶然)。

最初に彼らのプロフィールをWikipediaで見たときに
ベースボーカル義勝さんとドラム八木ちゃんは別のバンドにも所属していた時期があったと、
でも、当初は義勝さんのソングライティング能力に注目していたので
あの多作な義勝さんが曲を書かずに歌っていた(+ベースを弾いていた)だけなんて意外、と
(KEYTALKでも他メンバー作の曲を歌ってはいますが、曲数多いしリード曲は殆ど彼の作品)
スルーしていたのですが(笑)・・・その後、概ねKEYTALK関連の動画は見尽くし(笑)
それでも衰えることのない興味(笑)に突き動かされ(笑)
そのもう1つのバンド、the cabsの動画を見てみました
(八木ちゃんがかつて在籍していたundersignはただ今勉強中・笑)。





そうしたら・・・何だろう、この心がざわざわして、締めつけられるような感じ・・・
KEYTALKとは全く違う世界観だけど、これもまた詩的で印象的だなぁ・・・。

the cabsは、作詞・作曲・MV監督を手がけていたギター・コーラス(シャウト?)の高橋國光さんが
ライブツアーを前に失踪したことがきっかけで3年前に解散してしまったのですが
(連絡が取れてからも彼が音楽活動を続けられそうにないと言っていたのが大きそうですが)
その解散をあの川谷絵音さんが惜しんでいたほどだったようです。

the cabsが解散したその年の後半に、KEYTALKはメジャーデビューして
國光さんは昨年アニメ(・ゲーム)「東京喰種」の主題歌をソロプロジェクトで担当し
(一方その頃KEYTALKはアニメ「境界のRINNE」の主題歌で「桜花爛漫」がヒット・・・)
このソロプロジェクトでは女性ボーカルだったのですが、これまた美しい曲で・・・。



(ゲスの極み乙女とindigo la Endという両方のバンドで活動し続ける絵音さんとは違い)
the cabsが解散して、KEYTALKが残ってメジャーへの道をひた走っているのは
意図的ではなく単なる結果であって成り行きに過ぎなかったんだと思いますが
・・・私は全て後追いだし、詳しい事情は本人たちにしかわからないと思いますが
・・・何だか非常に切ない・・・。
・・・こんなことを言うのは独り善がりかもしれませんが
・・・今の状況は、本来はもっと振り幅の広い義勝さんのポテンシャルのほんの一部しか
活かし切れていないのでは・・・?
(作詞曲に関わっていなかったとしても、cabsという音楽性で活動していたことは確かで)
人は、一緒にいる人によって自分のどの面を見せるかが変わってくるのはわかるのですが・・・。

明るくて、楽しく踊れる、わかりやすい・・・っていうのが最近の曲調で
トークのノリや下ネタの多さからも単に面白くて明るい人たちだと思われがちな傾向のような
(で、メンバーより年下のファンの子たちに舐められていることも多いような・・・?
年上の私ですら4人の技術力の高さと楽曲の良さに、年下ながら尊敬の念で恐れ多いのに・・・)
・・・これがメジャー人気アーティストになっていくということなのだろうか・・・?

失意のどん底にあった私も、彼らの無邪気なポジティブ(時々ネガティブ笑)さに救われて
干からびていた心に再び血が巡り始めるような感覚に自分でも驚いていますが(笑)
一方で消滅したthe cabsへのノスタルジーと國光さんの独特の世界観に
どうしても引きずられてしまう社会不適合者の自分もいて(笑)・・・
今はまるで「光」と「影」のような・・・。
(その両方を具える義勝さんの才能の深遠さによりいっそう惹かれていくのは言わずもがな
・・・こんなに誰かに、異性に興味を持つようになるなんて何年ぶりだろう・笑)

the cabsの復活を望む声もありますが、それが3人にとっていいことなのかも私にはわからず
(ドラムの一太さんも今はplentyで活動していますし)
義勝さんが今the cabsのことをどう思っているのか気になるところですが・・・
過去への懐古が必ずしもいいこととも思っていないのでね・・・
ただ義勝さんに限らず、KEYTALKの4人には今より更に多彩な世界を見せてくれたら嬉しいな
(最近は義勝さん、アイドルへの楽曲提供も手がけ、活動の幅を広げていますが)と・・・。

the cabsのことを知ってから「MURASAKI」の歌詞を読むと
私の独り善がりに過ぎませんが、そのことを連想してしまうんですよね・・・。
この曲については本人が「タネを明かさず」紹介していますが
・・・全くタイプの異なる対照的な2人のソングライティングの天才が音を合わせていた
奇跡的な時間が存在していた過去を追想してしまう・・・。
(この解散発表の國光さんの言葉の最後の1行なんて・・・まさにそのもの・・・?!)

この記事の、私の個人的な所感は、今のKEYTALKの向かう方向に全く寄り添っていないし
ファンの主流である若い子たちが彼らをどう思っているかとも全然近くもないでしょう。
ただの通りすがりの、傍観者の一風変わった見方と受け止めてもらえれば・・・。


あ、このブログを書いているうちに、KINGS MEETINGのKEYTALKの4人が関わる回
全部聴き終わってしまった・・・(笑)。
KANA-BOONのKINGS PLACE聴いていたから聞き覚えがあった回もあり・・・
KANA-BOONの鮪さんが水曜日に話していたのは遠い昔のような気さえするのに
KEYTALKの木曜日は同時期に放送していたのに初めて聴くという・・・この無念さ(笑)。
自分は新しいアーティスト(メジャー中心に)結構早く知っている方だと
自負していただけに・・・(笑)。確かに聴く暇を惜しむようになっていたのは否めない(笑)。
世の中には私が知らない素晴らしい音楽がまだたくさん存在しているんでしょうね・・・。


アニメ「東京喰種」オリジナル・サウンドトラックアニメ「東京喰種」オリジナル・サウンドトラック
アニメ サントラ

曲名リスト
1. TG Symphonie
2. Das erste Kapitel
3. Im dunkeln
4. Donnerschlag
5. Transplantation
6. Taube
7. Symptom
8. Tausendfusser
9. Kriminalbeamte
10. Unordnung
11. Augenbinde
12. Grau
13. Schmetterling
14. Nachhall
15. Mond
16. Verzerrte Welt
17. Schopfer
18. Regenbogen
19. Kaninchen
20. Tanz
21. Krieg
22. Mit
23. Kuken
24. Auferstehung
25. Licht und Schatten
26. Das zweite Kapitel

1. GLASSY SKY
2. Dawn
3. Sorrow
4. AJITO
5. Plan A
6. Area
7. Scapegote
8. AOGIRI
9. AMON
10. Wanderers
11. AOZORA
12. FUKUROU
13. Mistake
14. Plan B
15. Orphan
16. Father
17. Gone
18. Alone
19. Dusk
20. Faded Light
21. With
22. Colour My World
23. ON MY OWN
24. unravel (TV edit) ~TVアニメ「東京喰種」 オープニングテーマ~
25. 聖者たち (TV edit) ~TVアニメ「東京喰種」 エンディングテーマ~
26. 無能 (TV edit) ~TVアニメ「東京喰種√A」 オープニングテーマ~
27. 季節は次々死んでいく (TV edit) ~TVアニメ「東京喰種√A」 エンディングテーマ~

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/438784473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。