2016年07月28日

占ってみたU(12)

【パリピの謎】


・・・えーと、どこから話そうかな・・・(笑)。

私が「スターリングスター」でKEYTALKのことをいいなと思って興味を持ち
レギュラーラジオ「THE KINGS PLACE」を聴き始めた頃には
義勝さんは既に「ぱりを(←パリピより)」になっていて(笑)
・・・当然訳わからなかったですが(笑)
はぁ、そういう人なのか・・・という第一印象で(笑)
下ネタ多めの愉快なラジオを聴いていた訳ですが(笑)
また次の新曲「HELLO WONDERLAND」がこれまたいい曲で(笑)
むしろラジオが最終回を迎えてから、この曲のMVを繰り返し見るようになり
歌詞を検索してみたら・・・えっ!?
これが、あの、パリピパリピ言ってた人が書くような歌詞なの?!(笑)
なかなか高尚な単語使ってるし・・・結構ハイセンスじゃないか・・・!
ラジオ聴いてただけじゃ全然そんな知的な人(たち)だと思わなかった・・・!(笑)
しかもはまってからどんどん遡っていくと・・・またパリピと全然違う・・・(笑)。
という・・・私にとっては謎な人でした(笑)。
この連続占い企画も、その謎を解き明かす旅だったようなところもあります(笑)。

そんな、私の私情たっぷりの前置きはさておきですね(笑)
誕生日占いの結果から見えることをお伝えしたいと思います(笑)。

まずですね、第8回で紹介した、義勝さんの「エンジェルナンバー(現在)3」の特徴について
もう1度ここで掻い摘んでおさらいしてみましょう。

・明るく素直
・天真爛漫な子供心を失っていないエンターティナー
・常に笑いの中心になる人気者で、好奇心旺盛
・楽しそうなことには積極的にチャレンジ
・交友関係も幅広い社交家
・自分を表現するのが上手な目立ちたがり屋
・先のことはあまり気にしない楽天家で、人生を楽しむ天才
・常にポジティブな発想で周りを明るく元気づけられる人
・今を楽しむことは上手
・お調子者
etc.

・・・これらの言葉を見ていて、何か連想するものはありませんか・・・?

・・・そう。
・・・これって「パリピ(パーティーピーポー)」そのものじゃ〜ん!

・・・という訳でして(笑)
ここに「義勝さん=エンジェルナンバー(現在)3=パリピ」の図式が成り立つ訳です(笑)。

・・・でも(笑)
「私は文学少年の頃の義勝さんが、いやthe cabsの義勝さんの方が好きだったのに〜!
「太陽系リフレイン」とかインディーズ時代の文学的な歌詞を書く義勝さんが良かったのに〜!
「MONSTER DANCE」とか「YURAMEKI SUMMER」みたいな脳天気な曲はちょっと・・・」
という昔の知的なイメージの義勝さんの方が良かったという方もいらっしゃるかもしれません
(まぁインディーズ時代から、宇宙人だのジョニー義勝だのサヤマンだのキャラが次々変わり
今更そんなセンチメント持っているファンの方はいらっしゃらないかもしれませんが・笑)。

・・・そんな方には残念なお知らせですが(笑)
・・・多分昔にはもう戻らないと思います(笑)。
というのも、巨匠についても書きましたが、この「エンジェルナンバー(現在)」は
今後年を重ねるにつれどんどん強くなっていくからです(笑)。
以前は「スピリチュアルナンバー(過去)1」しかも知的な19日生まれの色が強かったのが
・・・どんどんプライドのメッキが剥がれ落ちてきて(笑)
パリピな今に至る(笑)。

というのはちょっと言い過ぎですが(笑)
「スピリチュアルナンバー(過去)」は得意分野であり続けるので、
今年発売された「HELLO WONDERLAND」の歌詞のように
また抽象的なレベルが高かったり小難しいトリッキーな歌詞が出てくることもなくはないと思います
(このタイミングでこの曲が出ていなかったら、私は今こんなにはまることはなかった・笑)。
まぁでも、アッパーな、深く考えずに楽しめるナンバーが増えていく可能性は高いでしょうね。

・・・でも・・・もう1回ちょっと待って!
↑の「エンジェルナンバー(現在)3」の特徴・・・本当に今の義勝さんに合ってる・・・?!
そもそも義勝さん、ここに書かれたようなネアカだったっけ・・・?(笑)
・・・という疑問を持たれた方もいらっしゃると思います(笑)。

・・・実はですね、この占い、もう1段階ありまして(笑)
昨日も書きましたが、義勝さんの場合、
「エンジェルナンバー(現在)」と「チャレンジナンバー(未来)」が同じ「3」なんですね。

この、「エンジェルナンバー(現在)」(基本的性格)と
「チャレンジナンバー(未来)」(苦手分野、今後の課題)が同じという現象は
実は私も同じなのですが(数字は違いますが)
この誕生日占いでは「初心者マーク付き」と呼ばれていて、どういうことかというと
まだ今世(今の人生)では、その数字のキャラをうまく乗りこなせていない、操縦できていない、
という・・・その一面を持ってはいるけど、逆にそれが全部ひっくり返って苦手でもあったり、
そうありたいと強く願うけれど、どうもうまくいかない、
あるいはその数字の特徴の悪い面ばかりが出てしまったり・・・みたいな、もどかしさがあり。
「子どもではあるんだけど、どこか子どもになりきれず、お高くとまってしまう」
「明るく楽しいこと大好きなのに、どうも完全にはっちゃけ切れない」みたいなところがあり(笑)。

・・・これなら、何となく解る気がしませんか・・・?(笑)
どうして義勝さんがパリピになろうとしていて(パリピだと言い張っていて・笑)
傍目から見てどうも似合っていない、柄じゃないというこの違和感の謎が(笑)
(いや〜、私の見たところ、直感ですけどね、でも武正さんとかも困惑してたところはあり・笑)。
キンプレで「クラブでブチ上がりたいけど、怖いから1人でカラオケ行った」とか言ってましたしね(笑)。


この「過去1」「現在3」「未来3」という3つの数字の組み合わせは
何故か(?)あのゴールデンボンバーの樽美酒研二さんと同じですね・・・!
2人は、生年月日は全然違うので、生まれた月や日で占うとまた違った結果が出てきますが
全部足した計算結果の3つの数字では、同じになりますね。

そういえばにみた星占いでも、義勝さんと研二さんは同じ結果が2箇所ありましたね・・・。
ええー?!なんで?!(笑)全く共通点が思い当たりませんが・・・(笑)
まぁ確かに、2人ともバンドの中では注目を集めやすいポジションにいるということは言えるかな・・・
それは「過去(スピリチュアルナンバー)1」かぁ・・・。
子ども(エンジェルナンバー3)っぽいのも・・・確かに・・・(笑)。
それでいて研二さん、妙にデリケートだったり繊細だったりするところありますからね(未来3)・・・。


義勝さん喜ぶかもしれませんが、この「チャレンジナンバー(未来)3」、
あのラルクのhydeさんも同じなんですよ!良かったですね!(笑)
具体的にhydeさんのどこが「未来3」っぽいかを示すのは難しいですが、
ラルクを脱退したいと申し入れながらも踏みとどまったり(脱退しない方がファンは嬉しいですが)
今はラルクを続けることを「宿命」と言ってどこかがんじがらめになっていたりするところは
心から楽しめてないのかな〜、でもVAMPSで発散してるからいいのかな〜とか思ったり・・・。

ちなみに「エンジェルナンバー(現在)3」は同じく金爆のキリショーくんも同じですね。
金爆の「子ども」っぽさ全開のパフォーマンスや歌詞には「3」らしさがよく表れていますね。
2人ともサザンや桑田さんが好きだったり、自分のリアルタイムよりも前の歌謡曲を好んだり、
「女々しくて」も「MABOROSHI SUMMER」もサビが何段階にもどんどん展開していったり、
意外な共通点がありますね。

でもキリショーくんが理詰めで曲を作るのに対し(フレーズが降りてくることもありますが)
義勝さんは結構感覚的に、右脳優先で曲作りをしているんじゃないかという感じがしますね。
それを武正さんなんかは論理的に受け止めたりして「義勝は頭がいい」「策士」と感心するけど
義勝さん本人はそこまで深い意図を持ってかっちり曲を構築したつもりじゃなかったり(笑)。
2人の「MONSTER DANCE」についてのエピソードを読み比べると面白いです(笑)。
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1606071023/
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1607071026/
まぁこの曲がフェスを意識して作られたことは他のところで義勝さんも言っていたので確かですが。
19日生まれの賢く(理知的で)プライドの高い努力家の一面と、
「エンジェルナンバー(現在)3」の「天性の勘の良さ」が相まってこうなっているのかなぁと。
(義勝さんの「3」は直感、右脳優位タイプ、武正さんの「9」は理屈、左脳優位タイプ)

でも、義勝さんがパリピとかEDMという時代のトレンドを敏感に察知し
今はまだどうか判らないけれど、自分の音楽に取り入れていこうとしているのかもしれないのも
また、「エンジェルナンバー(現在)3」の「好奇心旺盛」「天性の勘の良さ」「飲み込みが早い」
という進取の気性に富んだ一面の表れで、
それが著しく進化を遂げてきたKEYTALKの音楽性の変遷の背後にあるかもしれないですね・・・。

の星占いで、魚座の特徴として
「社会的な枠組みや格付け、ヒエラルキーなどにはほとんど無関係な心を持ってい」ると
出てきましたが、今回「エンジェルナンバー(現在)3」としても
「先のことはあまり気にしない楽天家で、人生を楽しむ天才」
「精神的にも自由でとらわれがな」い、と出てきて、どちらの占いからも
進学校に入ったにもかかわらず義勝さんが音楽の道を選んだマインドが見受けられますね。


そんなわけで・・・(らしくないけど・笑)パリピな義勝さんは当分続くと思われます(笑)。
髪色も金髪から黒に戻したけど相変わらずパリピサングラスかけて「ぱりを」名乗ってるみたいだし(笑)
また新しいものが流行ったら乗り換える可能性は大いにありますが(笑)。
しかもですね、また後日みていきますが、今年(27歳)の義勝さんのサイクルも「3」で
「エンジェルナンバー」と同じなんですよね・・・一致する年はその特徴が更に強まるとされていて
・・・ますますパリピ熱が高まるかもしれません・・・(笑)。


パリピらしい義勝さんの1曲ですね(笑)。
(もう昨日の「バイバイアイミスユー」との落差が・・・笑 でも同じアルバムに入ってます・笑)
巨匠曲もですが、KEYTALKは「summer」がつく曲が何曲もあったり夏の曲が多いですね〜。
もうそんな曲たちが似合うフェスの季節ですね〜。

占ってみたU(誕生日占い)KEYTALK+α
1. 全員の数字一覧
2. 19日生まれ多っ!
3. 19日生まれ=生まれついての賢きNo.1
4. 八木ちゃん×誕生日占い
5. 涙の貴公子センチメンタル八木
6. 武正さん×誕生日占い
7. No.1を目指し続ける、気配り上手なリーダー、武正さん
8. アダルト寺中とチャイルド義勝
9. THEエンターテイナー・巨匠
10. 大人と子どもが同居する巨匠
11. 義勝さん×誕生日占い(月・日)
12. パリピの謎
13. 元the cabsの3人
14. the cabs――「少年性」のロック
15. KEYTALK4人の関係性
16. 武正さんのサイクル
17. 八木ちゃんのサイクル
18. 巨匠のサイクル
19. 義勝さんのサイクル
20. the cabsのキセキ
21. (終)愛をうたうplenty


PS
日付変わって昨日は、KEYTALKの「KTEP COMPLETE」発売記念ライブがありましたね。
セットリストがインディーズ時代の曲オンリーということで・・・
セットリスト情報を見る限り、私好みというか(笑)
私の好きなKEYTALKがそこにいたみたいですね(笑)。
まぁでも、私の場合はインディーズのアーティストまでは追いきれていなかったので
今もいい曲を出してくれているから、今のKEYTALKに今出会えて好きになれたんですけどね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/440340338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。