2016年08月03日

占ってみたU(18)

【巨匠のサイクル】


続いてKEYTALK3人めは巨匠です。

巨匠のサイクルは・・・武正さんと出会ったところから始めてみましょうか。

(各サイクルの意味については前々回の紹介をご覧ください)
■サイクル7「休息」2006.5.12〜(18歳)
・夏休みに上京し、音楽関係の大学・専門学校の情報収集を行い、受験を決意
・熊本から上京(?横浜?)し大学入学、武正さんに出会う

■サイクル8「充実」2007.5.12〜(19歳)
・realのライブを見に行き、翌日realで歌ってみたいと言い出す
・それまでサポートだった義勝さんと同じタイミングでreal加入
・現メンバーでの初ライブ
・多数のレコード会社やインディーズレーベルにデモテープを送る
→現所属事務所(インディーズ時代は所属レーベル)の社長、古閑さんがライブを見に来る

■サイクル9「完結」2008.5.12〜(20歳)
・realとして最後の自主制作音源発表
・KOGA RECORDSからCDデビュー決定

■サイクル1「発展」2009.5.12〜(21歳)
・KEYTALKに改名
・レコーディング中に喉にポリープができ、義勝さんがメインボーカルを執る曲が生まれ
 ツインボーカルに
・デビューシングルEP「KTEP」(リード曲「消えていくよ」作詞:巨匠)リリース

■サイクル11「動揺」2010.5.12〜(22歳)
・1stミニアルバム「TIMES SQUARE」(リード曲「トラベリング」)リリース
・「TIMES SQUARE」リリースツアー
・ライブハウス限定で「PASSION / 東京Star」リリース
・大学卒業

■サイクル3「創造」2011.5.12〜(23歳)
・2ndミニアルバム「SUGAR TITLE」(リード曲「sympathy」)リリース
・初のワンマンライブ(ソールドアウト)
・wham!のカバー「LAST CHRISTMAS」配信限定リリース
・シングル「おはようトゥエンティ」配信限定リリース
・初の単独自主企画開催(ソールドアウト)
・初の海外ライブ(台湾)、台湾での音源配信開始
・シングルEP「KTEP2」(リード曲「MABOROSHI SUMMER」)(オリコンインディーズ1位)

■サイクル4「安定」2012.5.12〜(24歳)
・初の大型フェス出演(RISING SUN ROCK FESTIVAL)
・シングルEP「KTEP3」(リード曲「太陽系リフレイン」)リリース(オリコンインディーズ1位)
・1stフルアルバム「ONE SHOT WONDER」(「fiction escape」「S.H.S.S.」収録)リリース
・アルバムリリースツアー(全国33箇所、ファイナル:渋谷CLUB QUATTRO)

■サイクル5「変化」2013.5.12〜(25歳)
・ソロでの弾き語りライブを行い(これが最初?)、
 出入り禁止を命じたメンバーにドッキリを仕掛けられる
・メジャーデビュー決定
・初のレギュラーラジオ番組「THE KINGS PLACE」木曜担当スタート(〜2016.3)
・メジャーデビューシングル「コースター」リリース
(「コースター」リリース前夜祭ライブ@恵比寿LIQUIDROOMで「KTEP FREE」無料配布)
・2ndシングル「パラレル」リリース

■サイクル6「愛情」2014.5.12〜(26歳)
・2ndフルアルバム「OVERTONE」リリース
・アルバムリリースツアー(ファイナル:赤坂ブリッツ)
・3rdシングル「MONSTER DANCE」(「エンドロール」初のタイアップ付き)リリース
・4thシングル「FLAVOR FLAVOR」リリース
・5thシングル「桜花爛漫」(アニメ「境界のRINNE」OP)リリース

■サイクル7「休息」2015.5.12〜(27歳)
・3rdフルアルバム「HOT!」リリース(オリコン最高位4位)
・アルバムリリースツアー(ファイナル:新木場STUDIO COAST、追加公演:Zepp Tokyo)
・ライザップに通い、肉体改造
・6thシングル「スターリングスター」(アニメ「ドラゴンボール超」ED)リリース
・初の武道館ライブ公演
・レギュラーラジオ番組「THE KINGS PLACE」木曜ナビゲーター終了
・7thシングル「HELLO WONDERLAND」リリース
・故郷・熊本で地震発生

■サイクル8「充実」2016.5.12〜(28歳)
・8thシングル「MATSURI BAYASHI」(巨匠作詞作曲としては初の表題曲)リリース
・「巨匠の弾き語り〜オラの熊本に力をわけてくれー!〜」他、ソロ弾き語りライブ出演
・インディーズベストアルバム「KTEP COMPLETE」リリース
・「ROCK IN DISNEY 〜Season Of The Beat」にKEYTALK参加
・「〜50th anniversary〜 Yamaha Acoustic Mind 2016」に弾き語り出演、
 大御所と共演予定(9月)

巨匠は他の3人とサイクルはそんなに近くないのですが
でもこうして見てみると、やっぱりそれぞれ意味がある節目だなぁ〜って思っちゃいます。

巨匠の場合、今の9年周期のサイクルが始まるのが、KEYTALKに改名して、
そして喉にポリープができてしまったことがきっかけで、ツインボーカルになり
インディーズデビューシングルEP「KTEP」がリリースされた年になっていますね。
確かに大きなターニングポイント。
そして「暗黒時代」と呼ばれ始めたのはこの頃なのかな・・・?

ソロで弾き語りライブをした(最初に始めた?)り
メジャーデビューしたのが「5:変化」の年。
これも頷けます。

「7:休息」の年は、普通の人はあまり好ましい年ではないことが多いのですが
(確かに故郷の熊本で地震が起きていますが)
巨匠はこの年に武道館ライブを迎えていますね。

前々回の武正さん、前回の八木ちゃんのところでも書きましたが
巨匠の場合は「エンジェルナンバー(現在)7」で、自分の「エンジェルナンバー(現在)」と
サイクルが一致する年は、その特徴が更に強く現れる「自分の年」みたいなところがあって
この年はライザップに通ってストイックに筋トレに打ち込んでいたことが
それに当たるのかもしれません。

・・・というか、KEYTALKの4人中3人が、武道館ライブの時点で
自分の「エンジェルナンバー(現在)」と自分の当時のサイクルが一致して
自分の「エンジェルナンバー(現在)」の特徴がより強く現れる「マイイヤー」だったのか・・・!
3人の持っている個性がより際立って良い公演になったでしょうね。

そして、巨匠は今年の誕生日を迎えた日から、つまり28歳の1年間、
今が9年間の中で1番良い年を迎えています・・・!
おめでとうございます!
それが具体的に仕事でなのかプライベートでなのかは本人にしかわかりませんが
それまでの7年間積み重ねてきた結果が現れる年になっています。

今のところ目に見えるのは、作詞作曲の両方を手がけた曲としては初めて巨匠の曲が
シングル表題曲としてリリースされ(「MATSURI BAYASHI」)、しかもどうやら
累積売上枚数としては、あのオリコン最高位を記録した「桜花爛漫」を抜いて
最多になっているみたいですね(勿論全員が作詞作曲した4曲収録なのもあるかもですが)!
配信での売上も好評なようなので、KEYTALKの新たな代表曲となっているようですね・・・!


そんな「MATSURI BAYASHI」(確かに格好いい曲です)のMV・・・は
に貼りつけちゃったので(笑)趣向を変えてこちらのメイキング映像の方を・・・(笑)
メンバーの踊り(振り付け)が見られるのはこちらだけです(笑)。

占ってみたU(誕生日占い)KEYTALK+α
1. 全員の数字一覧
2. 19日生まれ多っ!
3. 19日生まれ=生まれついての賢きNo.1
4. 八木ちゃん×誕生日占い
5. 涙の貴公子センチメンタル八木
6. 武正さん×誕生日占い
7. No.1を目指し続ける、気配り上手なリーダー、武正さん
8. アダルト寺中とチャイルド義勝
9. THEエンターテイナー・巨匠
10. 大人と子どもが同居する巨匠
11. 義勝さん×誕生日占い(月・日)
12. パリピの謎
13. 元the cabsの3人
14. the cabs――「少年性」のロック
15. KEYTALK4人の関係性
16. 武正さんのサイクル
17. 八木ちゃんのサイクル
18. 巨匠のサイクル
19. 義勝さんのサイクル
20. the cabsのキセキ
21. (終)愛をうたうplenty
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック