2016年08月22日

久方ぶりの

(「久しぶり」で始まったりタイトルにする私のブログ記事多いみたいで・笑
「備忘録」さえ前に使っていたみたいで・・・笑 考えること変わりませんね・笑)

今回はですね、もう結構久しぶり?に
私のもう1つの柱(?)である
ヴィジュアル系の曲を貼りつけようかな、と。

L'Arc〜en〜Cielよりも、邦ロックよりも、前回のようなアイドルよりも、
私がヴィジュアル系を好きだということが
恐らく私をリアルの世界で知っている人にとっては
1番驚かれることなんじゃないかと思われますが・・・(笑)。
(その前に知り合いにはあまり音楽の話はしないですけどね。
1番仲の良い友達には「音楽の話をするときはいきいきしてるね!」と言われました・笑)

元々はL'Arc〜en〜Ciel、SOPHIAなどが好きなところもそうだし
(本人たちはヴィジュアル系と一括りにされることを嫌がっていますが
そういう「お化粧する男性バンド」系統のシーンから出てきたことは否定できないですし)
そこからヴィジュアル系四天王が一世を風靡したのも世代だったし(笑)
MUCCとかPlastic Treeが出てきた頃までは追っていたのですが
気がついたらL'Arc〜en〜Cielや当時知ったバンド以外は
しばらくチェックしていない時期があって・・・
留学したり帰国してすぐ働き始めたのもあると思いますが
戻ってきたのは・・・確かTwitterを始めたのがきっかけだと思います、
懐かしいアーティストのみなさんをフォローしたりニュースサイトをフォローしたら
それまでとは比べものにならないぐらい情報収集・把握が簡単になり。
ニコニコ(動画というより生放送をよく利用してますね、私は)やUstreamなど
テレビになかなか出ないアーティストがネットで見られるようになったのも
実家を離れて音楽専門チャンネルが見られなくなっていた私には有難かったです。
・・・そんな情報環境が激変していた中で出会ったのが、金爆だったりします。

音楽シーンの中では、いわゆるロキノン系と、ヴィジュアル系というのは
何となく隔たりがあって、世間(というよりファンや関係者?)の見る目が全然違っていたり
最近は金爆もPlastic Treeも、復活したばかりのイエモンもROCKIN' ON主催のフェスに出たり
lynch.とか、その境界で評価されるバンドも増えつつあるのかなぁという気もしていますが
・・・私の中ではあまり区別はしていないんですよね・・・
金爆はさておき(笑)どっちも楽器持って演奏してるじゃん(笑)楽器構成も似てるし
それにアーティスト本人のルーツとしてはLUNA SEAとかラルク、GLAYは結構多いんですよね。

個人的にはヴィジュアル系を応援する番組はニコ生やラジオでチェックしていたのですが
ロキノン系としてまとまったネット番組はあまりなさそうで
(ラジオではガレージ系?とか若者向けの時間はそういう曲も多いかな、雑誌は買ってない・笑)
個別のアーティストがばらばらにネット生放送していたのを拾うくらいで
そういう意味でKEYTALKの世代のバンドとかを知る機会が遅れたのもあると思います。
(KEYTALKはUstreamばかりでしたね・・・ニコ生公式でアーティストはチェックしていたのですが)

ヴィジュアル系を定義する音楽性は厳密にはあまりないらしいですが
私的には、今も活動しているバンドだと、復活したVersaillesとかは王道だと思ったりしますね。
そして詞の世界観も好きだったりします。耽美的だったりダークだったり
文学、綺麗な言葉も好きで、ネガティブな私には馴染みやすく(笑)
(そっちの方面に慣れ親しんでいたので、KEYTALKやthe cabsの詞に惹かれたのかも・笑)。

そんな前置きが長くなりましたが、今回いいなと思ったのはこの曲。

B0175X47JYWELCOME TO GHOST HOTEL(初回限定盤A)
ペンタゴン
GOEMON RECORDS 2016-01-26

by G-Tools

ぎりぎり今年の曲ですね(笑)年末の今年のフェイバリット曲候補に挙げられる(笑)。
彼らもバンド名は聞いた覚えがあって、レーベルの先輩のアルルカンとともに
気になってはいたのですが、この前ニコ生で4月の超会議でのライブの再放送を見て
この曲を聴いて・・・私の中では久しぶりに「王道のヴィジュアル系らしい曲」で
いい曲が来たな、と。
こういうゴシック調というのか、サウンドも私が好きなヴィジュアル系のサウンドだし(笑)
メロディーも歌声もしっかり聞こえてきて、なかなか私好みですね(笑)。

ここのところあまりヴィジュアル系の話もしていなくて
まぁ中堅バンドの解散や活動休止など、あまり嬉しくないニュースには嘆いていましたが
でもチェックしていないわけではなくて(笑いに走る異端児Jin-Machine以外にも・笑)
日頃も聴いてはいたのですが・・・なかなかこれいいな〜と思う曲が出てきていなかっただけで。
そういう意味で私の中での久々のヒットでした。
(あ、でもえんそくのこの前出た曲もいいなと思ってました、彼らも異色扱いされてますが・笑)

・・・新しいミニアルバムが出たばかりだというのに旧曲の話ですみません(笑)。
そちらもセールス好調のようですね!
まぁ私もそのシーンで言うところのいわゆる「オバンギャ」と言われる年齢で(苦笑)
でも音源をチェックする程度でライブに行ったりすることはジンマ以外なさそうですけどね・・・。


B01IHY1KOU絶叫! (初回限定盤)
ペンタゴン
GOEMON RECORDS 2016-08-16

by G-Tools

posted by MG at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽ロック | #
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック