2016年11月30日

今年の1枚

Love me(CD+DVD 完全限定生産盤)Love me(CD+DVD 完全限定生産盤)
KEYTALK

曲名リスト
1. Love me
2. SAMURAI REVOLUTION
3. 金木犀

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シングル「Love me」発売、
オリコンデイリーランキング最高12位週間ランキング初登場17位
タワーレコード全店総合デイリーランキング最高5位全店総合週間ランキング初登場第6位
(あとはスペースシャワーTVオリジナルチャート第10位 などなど・・・)
おめでとうございます!

・・・ずっと息を潜めて(?)動向を見守っていました(笑)。
こんな気持ちで自分の好きなアーティストのリリースを迎えるのはもちろん初めてです(笑)。

サウンドのことについては門外漢なのでともかくとしても
(でも・・・義勝さんの歌声が、近年稀に見る?聞く?私好みの声じゃないですか・・・?笑
メジャーデビュー後は歌い方を変えたようだったので、もう聴けないのかなと思っていたのに・・・
キーも高めの音域が多いけれど、気持ち良く聞こえる高さなのかなと感じられたり)

歌詞が・・・何だか・・・どうにも・・・
このブログに今年書いていたことを連想させるワードが・・・
それも1つだけじゃなく、幾つも・・・
しかもはまり始めた頃から・・・結構最近まで・・・
(あと気のせいかもしれないけれど、サウンド面にも書いていたことが反映されている・・・?)

・・・も、もしかして・・・このブログ読まれてた・・・?
うわ・・・は、恥ずかしい・・・_| ̄|○(笑)
Twitterのエゴサーチはある程度警戒していたけど(笑)ブログは完全に油断していた・・・(恥)
(・・・いや、厳密には読まれる可能性なんて全くないとも思わなくもなるように・・・途中から・・・
・・・今思えばこの半年書き過ぎましたね・笑 これだけ書けば目に留まる確率も上がるって・笑
当初はこんなに書き続けると思って書き始めていなかったので・・・笑 それが最大の誤算です・笑)

いや万が一読まれていたとしても、よりによってそれが歌詞に・・・!?
ま、まさか・・・
もちろん100%ではなくて、紛れもなく義勝さんとしてのアウトプットなんですけど・・・。

ま、まぁ・・・よくありそうな恋の風景(?)とは言えなくもないし
確定できる証拠は何もないんですけど・・・。
少なくともインタビューで話されていることは私の(リアルの・笑)属性とは正反対(笑)
(いや歌詞にも「もうすぐ冬が来て 君は大人になって」とあるので、今は大人じゃないってことで
既に大人の私じゃないのは明らか・・・でも私の恋し方が大人げないと言えばその通り・笑)
やっぱり気のせいかな、私の思い過ごしかな・・・。

もちろん義勝さん自身がそんな恋をしている(いた)としても何もおかしくはないし・・・
・・・とは思いつつ
「作詞した人の実体験なんだろうなって思ってもらえるように、
なるべくリアルな言葉を使うことを意識しました」
インタビューで答えていて
・・・ということは、裏を返せば、実際は作詞した人の実体験「ではない」、と・・・(笑)
そうではないものをそう思わせるように書こうとしているのもまた作詞のテクニックではないかなと。
あとは・・・「僕が中学の時に公園で歌ったことと、「Love me」は関係ないです」とかね(笑)。
・・・今のところ言えそうなのはこれぐらいです(笑)。

でも「パラレル」と「HELLO WONDERLAND」リリース時のインタビューを思えば
インタビューで話していたことはあまり当てにならない・・・?(笑)
い、いや・・・本人がそう話してますからね・・・それが言質にならないとはこれ如何に・・・
でも本当にthe cabsや國光さんのことだとしたら大っぴらに言えないのもわからなくはないですが
・・・どちらを信じるかは自分次第なのかな(笑)。

いや、まぁ、その曲たちは十何年つるんだ盟友の國光さんを思って書かれたとしても納得だけど
この曲は・・・!?
いや・・・まさかね・・・そんなはず・・・。
う〜ん・・・。
・・・裏を掻くのも、疑ってかかってばかりも頭使いますね(笑)。


・・・え、えーと、どんな因果でこの曲が生まれたかは、義勝さんの胸の内ひとつですが
とりあえず、2016年のこの時期に、このタイミングに、他でもない彼らからこの曲が届いたのも
何かの縁かもしれないなぁと・・・。
まぁ私が今年KEYTALKにはまっていなかったとしても
この曲はリリースされていたんだろうとは思いますが。

2016年はどんな年だったかと振り返ったときに
私は間違いなくこの曲を挙げるでしょうね。
この年に、私はこの曲に書かれたような恋をしていた、と。


しかし、想った相手から私目線の歌詞が出てきて、私の好きな美声で歌われるという・・・(笑)
それもこちらの気持ちが手に取るように判られているようで、片想いの曲という・・・(笑)
こちらが想っているのを知りつつ片想いを歌われるとは・・・「ハチミツとクローバー」的な(笑)
叶わないと判っていたつもりでも本人に釘を刺されたような(笑)「いつか」と希望を残しつつ(笑)。

一方で、相手と自分の視点が交錯して混乱を引き起こし(笑)複雑な心境に陥るというか・・・(笑)
自分のものも出てくるけどそうでないものもあって・・・モザイクというかマーブル状というか・・・
自分側の片想いだと思って聴いているうちに、どちらの目線なのかごちゃ混ぜになってきて・・・
最後の「笑ってみせて」まで来たら、あれっ?こっちが想われる側?!って勘違いしたり(笑)
・・・もしかして共作というのはこういうものなのだろうか・・・?

しかも身に覚えがありすぎて恥ずかしくて(笑)リピートで再生もあまりできないくらいなのに、
数回聴いただけでほとんど覚えてしまったほど耳に残りやすい、いい曲という・・・。
自分がこんないい曲になっててどうしようって(笑)どうしようって言われても困るでしょうけど(笑)
(いい曲だと主観的には思ったけど、世間的にどう評価されるかずっとチャート気にしてました・笑
今週は祝日発売日のせいもあるのか激戦でしたが健闘かな・・・アニメキャラクターもの強し・・・
あと義勝さんも曲提供した夢アドさんが今回は絵音さん曲で秘かに対照的な同級生対決でしたね)




そんな事態になっているというのに(?)今回もダウンロード購入でいいかなと思っていたのですが
大阪のミナミ(なんば・心斎橋周辺、今回は南堀江)の方までライブで行く機会が月曜あったので、
ヴィレッジ ヴァンガード アメリカ村店さんを覗いたついでにCDを買ってきました。
(本当はKEYTALKカフェにも行けそうだったのですが・・・まさかの寝坊で機会を逃しました・笑
「寝不足」だった私が寝過ごすほど熟睡できてしまうなんて何て変化・・・とんだ恋の代償・笑
ま、まぁ音楽にしか興味がない私が「色めいたマインド」に踊らされずに済んでよかったのかな・笑)

帰りの最終電車で(また「列車に揺られて」笑)家に着くまで待ち切れず、フィルムを開けて・・・
うおおぉ・・・私の2016年が・・・形のない気持ちが・・・印字されて・・・歌詞カードになっている・・・!
そしてもちろんCDという円(まる)い円盤型の製品にもなって収められているわけで・・・
形のあるものとして、作品として、パッケージになって目の前に、この手の中に・・・。

(しかも、帰宅してCDを聴くまでも待ち切れず、電車の中で即スマートフォンで聴いてしまおうと
プレイパスのコードを夢中になって打ち込んでいるうちに
歌詞カードの間に挟まれていたステッカーやらお知らせの紙やら車両の床にぶちまけていて・笑
気づいてすぐに拾い集めましたが、ある意味KEYTALKの宣伝活動になっていたかも・笑
その上浮かれているうちに電車の乗り換えをミスして終バスを逃し長めに歩いて帰る羽目に・笑
いつになくドジ連発・笑)


私自身は、普段はそんなにCDという形には拘らなくて、かさばるし持ち物は少ない方がいいと、
1番大切なアーティストのアルバムだけはCDで揃えたいと思っていますが
それはデータだと危ういとか、紛失する虞(おそれ)があるという感覚というよりも
(まぁCDでも他人に貸したり部屋の何処かに行っちゃったり紛失しないわけでもないですよね・笑)
単純にiTunesで買ったものは確か5台でしたっけ?パソコンを替えると聴けなくなるという
「期限あり」なので、それならずっと手元にあって聴けるCDがいいな、というぐらいで。

でもこのシングルCDは何だか特別というか・・・
しかも形がある「物体」、いや「作品」ということ自体が、何だか不思議な重みがあって・・・
一生の宝物にします。


それにしても・・・この曲・・・歌詞をなぞりながら(噛み締めながら)聴いていると
何だか妙な感覚に陥るというか・・・
どんな感覚かということは具体的には・・・秘密です(笑)
口にしてしまうと、誰かに話してしまうと消えてしまいそうで勿体なくて(笑)。
曲を聴いていてこんな感覚になることなんて今までになかったなぁ・・・。
こんな感覚を味わえているのはもしかしたら私だけかもしれないなぁ・・・
何て贅沢なんだろう・・・ふふふ(笑)。
曲をかけるだけで立ち現れるこの感覚だけであと何年かは生きていけそうです(笑)。
ご馳走さまです(笑)。


まさかこんな未来が出現するとは、今年の初めには思ってもいなかったなぁ・・・。

Love meLove me
KEYTALK

曲名リスト
1. Love me
2. SAMURAI REVOLUTION
3. 金木犀

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そんな2016年の終わりに、クリスマス当日にKEYTALKが京都でのイベントに来るという・・・
普段はフェス仕様の、「外向け」の彼らにはあまり興味がないというか(笑)
あまり見に行きたいと思わない(笑)だって私の好きな曲はそんなに演ってくれないだろうから(笑)
私の楽曲の趣味が玄人好みというかね・・・(笑)どうも主流じゃないようで(笑)。
でも他でもない自分が今住んでいる京都に、それもクリスマス当日に来るときたら・・・
当然クリスマスに予定なんか入っているはずもないし(笑)
「悩む…」とツイートしておいて、その数分後にはすぐにチケットを買っていました(笑)。
今なら「Love me」は演ってくれそうかな、最近は「HELLO WONDERLAND」もよく入ってるね。

元々は、その前日のクリスマスイブに、名古屋でのイベントにも出演が決まっていて
そのイベントに参加して、そのまま名古屋郊外の実家に年末帰省する、というのも考えたのですが
まだ帰省するには1週間弱早いしなぁ・・・と思っていたら京都にも来ることになりそちらを選択。
でもそのあとでその名古屋のイベントの方に同日にplentyの出演が発表され・・・
久しぶり(?)の義勝さんと一太さんの再会、それもクリスマスイブに(って七夕みたい・笑)
と同じ会場に居合わせたかったりもしましたが(笑)plentyのライブもまだ見たことないし。
でも一旦京都から名古屋に行って、翌日また京都に戻ってイベントに参加するのは交通費が・・・
ということで断念しました。24日と25日の出演日が逆だったら両方行けなくもなかったのですが。

今年の終わりまで、クリスマスまで彼ら一色の1年になりそうです(笑)。
2016年は彼に翻弄され続けた1年だったな・・・(笑)まぁ、それも悪くないけどね(笑)。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック