2017年03月27日

MG的楽園メモ(12)

Combat Song
KEYTALK
¥250
前回書きましたが、「Love me」から始まり、最後の「Oh!En!Ka!」の前まで
(=「スターリングスター」まで)の、このアルバム後半ゾーンは、比較的テンポも
ゆったりめで、聴きやすい、ポップス寄りの曲が中心になっているように思われますが
その中で、その傾向を崩している唯一の曲が、この「Combat Song」かなと。

八木ちゃん本人も、自分の曲はこのアルバムの中でフックになっていると話していますが
https://entertainmentstation.jp/70815
この曲がこの位置にないと、そのままきれいに流れていきそうなところを
敢えて引っかかるポイントを作るような、アルバム後半でうとうとし始めた人の
目を覚まさせるような(笑)攻めたストレートなロックチューンになっていますね
(でもこの曲が終わったらまた寝落ちするかも・笑。いやいや、次の「boys & girls」は
「めざましどようび」のテーマソングだし、お目覚めの曲のはずですよ、ね?笑)。


この曲といえば、これですよね↓

(今見ると、まだ1年前なのに若かったなぁともう感じるというか・笑 良い意味で・笑 
既に今の4人は内面共に成長して、着実にステップアップしているなぁと感じますね)

そう、この曲は、アピタ「タフネスビズ2016」CMタイアップソング・・・でした、で
いいのかな? 年末までタイアップだったのかな、それとも年度末の今月末まで・・・?
人生で初めて作詞した曲にタイアップがつくなんて、さすが八木ちゃんですね。
(レギュラーラジオ「THE KINGS PLACE」内のコーナーでの即興(系?)曲は別として)

アピタといえば東海地方を中心とする総合スーパーマーケットチェーンで、
私は実家が名古屋の隣町なのですが、もちろん買い物に行ったこともよくありましたし
何なら同じ親会社のスーパーで10ヶ月ぐらい週5日アルバイトしていたこともあったり
(妹はアピタの中にある全国展開のCDショップでアルバイトをしていたことも)。
でも昨年帰省したときも1度もCMに遭遇できてませんでしたね・・・残念です。

八木ちゃんといえば熱烈な中日ドラゴンズファンで
(今日もそれでラジオに出ていたそうですね、地元に今いないので聴けなくて残念・・・)
そのお陰でバンドとしての次なる(?)目標がナゴヤドームでのライブになってますが
東京出身なのに、何かと名古屋に縁があって、愛知県出身としては嬉しい限りです
(ドラゴンズファンなのはご家族の影響らしいですが・・・東海地方出身の方でも
いらっしゃるのかな)。岐阜出身のcinema staffのみなさんとも話が合いますね(笑)
(メンバーの中では三島さんがスポーツ好きで、ドラゴンズ・グランパスファンだそう)。


ええっと、多少曲自体についてから脱線しましたが・・・
この曲は・・・確かこの曲も入っている4曲入りマキシシングルが発売されたときに
言っていたのは、ツインボーカルの2人が喧嘩している曲と・・・本当なのかな?(笑)
でも「秘密」について、「Combat Song」みたいな挑発的な歌詞を書こうと思った
(けど・・・)と言っていて、自分が書きたいタイプの歌詞の1種類、系統みたいですね。
http://www.music-lounge.jp/v2/articl/pickup/detail/?articl=2017/03/15-12:45:00_f2d139c171561adc122798232435ad52

それに、曲調とも相俟(あいま)って、「企業戦士」など、社会で「闘う」ビジネスマン、
社会人のイメージにも通じるところもあるので、タイアップのスーツのCMソングとしても
うまくフィットしているんじゃないかなと。

KEYTALKの4人の中では、八木ちゃんはストレートなロック担当・・・なんでしょうか?
(インタビューでも「今のモードだと、シンプルなものの方が好きというか。
曲を聴いててもストレートなものの方が、メッセージ性もそうだし、
人間性が見えていいかなと」 http://skream.jp/interview/2017/03/keytalk_3.php
でもこの曲も・・・最後までそれでは終わらないのがKEYTALKらしいところなのか(笑)
2番(?)が終わったところで、ちょっと様子がおかしくなって(?)
歌詞では「導かれる運命」から)別の曲が挿入されたかのようにテンポチェンジしたり
それまでとは違う雰囲気のパートが出てきて、そしてまた元に戻るという・・・
・・・これもKEYTALKの「お家芸」なんでしょうか(笑)。


↓でも、この曲含め、マキシシングルに収録された4曲がそれぞれ少しずつ聴けます

(やっぱり今見ると若〜い!笑 悪い意味じゃないですよ、成長を頼もしくさえ感じます)

PARADISE<初回限定盤A:CD+DVD>PARADISE<初回限定盤A:CD+DVD>
KEYTALK

曲名リスト(リンクはこのブログの各曲メモです)
1. Summer Venus
2. ASTRO
3. ダウンロードディスコ
4. MATSURI BAYASHI
5. パラサイト
6. HELLO WONDERLAND
7. 秘密
8. 森羅万象
9. HOROBIRO
10. Love me
11. STAY
12. Combat Song
13. boys & girls
14. story
15. ミルクティーは恋の味
16. スターリングスター
17. Oh!En!Ka!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック