2017年03月30日

MG的楽園メモ(15)

ミルクティーは恋の味
KEYTALK
¥250
(↑この曲、iTunesでは、このアルバムの中で、リード曲の「Summer Venus」に次いで
2番人気のようですね、ということは義勝さんの曲が上位を占めてますね)

巨匠が1人で歌い上げる「story」に続いて、今度は義勝さんが1人でこの曲を
歌っていますね(確かに巨匠が歌うのはちょっと違うかも・・・笑)。

この曲は、日本テレビ系「PON」今月度のエンディングテーマとなったそうで
この番組が放送されている地域の方は、この曲もアルバム発売前に
(一部だと思いますが)聴けてしまう状況にあり・・・
これでこのアルバムに収録されている義勝さん作詞作曲の曲7曲すべてが
アルバムを買わなくても聴けてしまうことに(フルではないでしょうけど)。

義勝さんの曲が好きな者としては、アルバムを買うインセンティブが下がってしまい
かねない・・・? まぁ本当に好きだったらちゃんと買うと思いますが(笑)
アルバムを買って聴く楽しみの1つに、シングルと違って買って初めて聴く曲がある
というのも、アルバムならではだと思うのですが(シングルもカップリングありますが)
17曲入りという大ボリュームのアルバムを前に新鮮味が欠ける状況とは何と皮肉・・・
いや、17曲も入っていて、その上義勝さんの曲は7曲もあるんだから、贅沢なんですけど。

でも、幸いと言うべきか何なのか(笑)「PON」は関西は放送地域ではないので
私自身はアルバムを買わないとこの曲を聴くことはできない状況で
(でもこのCDを買いに発売日当日にお店に入ったとき流れていたのがこの曲でした・笑)
このアルバムを買う1番の目的(笑)とまではいかなくても1番聴くのを心待ちにしていた
のが、この1曲だったりしていたところはありました。

まぁその理由の1つは個人的に・・・歌詞がどうなっているのか・・・(笑)
発売前に、アルバム収録曲のタイトルが発表されて、新曲が9曲あると判り
そして発売日の前までに公開されたインタビューで、どの曲が誰の作詞作曲曲か判り
先に公開されていた「Summer Venus」を除く義勝さんの新曲はこの1曲のみと判り
・・・他のメンバーの曲も気にならないわけではありませんが(笑)
フォーカスが1点集中になっていました(笑)。

・・・ですが(?)発売日当日のインストアイベントに参加する予約をしていた私は
その前日の店着日(フラゲ日)にも京都から大阪までCDを買いに行くためだけに
2日連続足を延ばすのも交通費がかかるので、当日にイベント前にCDを買うことにして
・・・CDを手に入れる前に、前日に先に歌詞サイトで歌詞だけ見ちゃいました(笑)。
結果は・・・だ、大丈夫でした・・・(←何が?笑)
も、もうこれで、私のブログからネタが拾われることもないかな・・・
(私の勘違いに過ぎないかもしれませんが)。今までが特別だっただけですから(笑)。

タイトルからして、絶対甘い歌詞だと思っていましたが(笑)
これで失恋とかネガティブなテーマが来るとは思えない(笑)。
「Love me」「Summer Venus」(「boys & girls」も?)と同じような方向性みたい、
今回のアルバムの義勝さんのラブソングはどれも揃って(笑)。
(「HELLO WONDERLAND」「ASTRO」もある意味ラブソングとも言えるかも?)
・・・果たして、予想通り、いや予想以上?の歌詞でした(笑)。


インタビューでは
「いままで自分らしさがいまひとつわからないまま来てたんです。
でも「Love me」を作ったときに、友だちのお母さんが気に入ってるっていう話を聞く
機会があって。今回も「ミルクティー〜」ができて、この感じが、
自分が本当に作ってて楽しいものだなと思えたんですよね。
だから、この曲をいろんな人に気に入ってもらえたら嬉しい。
もっとこういう曲を作っていきたいと思いました」と、
「今後はこういう曲を“自分らしさ”として作っていきたいなって思いました」
と話していますね。
http://top.tsite.jp/news/j-rock/i/34748135/


八木ちゃんは、この曲を「超名曲」と絶賛していて
「歌がすごく良いなと思うし、歌い方と歌詞と楽器の世界観が素晴らしくリンクしていて、
聴いていてもドキドキするんですよね(笑)。
「あれ、義勝って、男だっけ、女だっけ」って(笑)」
http://www.music-lounge.jp/v2/articl/pickup/detail/?articl=2017/03/15-12:45:00_f2d139c171561adc122798232435ad52

・・・確かに女の子っぽいタイトル・歌詞だなぁと思えないこともないし
以前に占いでは、義勝さんはユニセックスな雰囲気を持っていると出てきましたね。
http://adonisbleu.seesaa.net/article/440017455.html

でも・・・私の偏見かもしれないですけど・・・
この曲の歌詞に「さまよう キャスターの煙と」って出てくるじゃないですか、
・・・紅茶を飲むような女の子が煙草を吸うようには思えないんですけどね・・・(笑)
コーヒーと煙草という組み合わせはまだあるような気もするんですけど・・・
煙草の煙たさで紅茶の香りや優雅さが台なしになってしまうような・・・(笑)

まぁ、今はペットボトルなどで以前よりも気軽に紅茶を飲めるようになっているし
私が煙草を吸わない(&コーヒーより紅茶派だ)からそう思うだけかもしれないですけど
だからこの歌詞の主人公は男性かなって個人的には思いました(笑)。
「五線譜」もそうだし、義勝さんのリアリティを出そうとしている感があります(笑)。


巨匠はこの曲を「男子必聴!」「女の子に弾き語りしてほしいな」と言っていますが
http://shingakunet.com/journal/column/46838/
・・・えっ?!男子が女の子に向かってこの曲を弾き語りするってこと・・・?
・・・それって義勝さんの中学時代のエピソードを踏まえてません?(笑)
実はとんでもない皮肉だったりして・・・?(笑)
そもそも効果的な曲なのか・・・?(笑)巨匠はモテるかどうかばかり考えるから(笑)
(そんなこと言ったら「story」を弾き語りした方が格好つきそうな気も・・・笑)

それとも女の子が自分で弾き語りするってことかな・・・女の子目線で・・・?
個人的には、この曲、歌う人を選ぶと思うんです(笑)
最初にも書きましたけど、巨匠みたいなタイプの男性が歌うのは違和感かなって(笑)
だから義勝さんのような男性が歌ったらはまるかもしれませんが
・・・自分がどちらのタイプなのかわきまえてから歌うかどうか判断した方が・・・(笑)
万人にはお勧めしません(笑)。でも巨匠が歌ってみたら案外いけるのかな・・・?(笑)


*****

・・・曲の話はここまでにして(ってあまり曲の話もしていないような気もしますが・笑)
ここからは曲とは関係ないんですけど(笑)
義勝さんといえば埼玉県狭山市出身だそうで
狭山といえば・・・狭山茶というお茶のブランドがあるということを
この前NACK5(埼玉のFM放送局)を聴いていて知りました(笑)。
(でも主産地は狭山市ではなく入間市だそうですが・笑 宇治茶も似たような感じで・笑)

それで・・・お茶(緑茶)の産地だということは・・・少量ながらも紅茶も製造していて
(なぜかって言うと、多少品種は違っても、緑茶も紅茶も同じ茶葉からできるので)
狭山紅茶というものも存在しているそうです。
恐らく意図していないと思いますが(笑)狭山出身の人が紅茶を題材に曲を作るなんて
素敵ですね!(笑)


で・・・どうして私がそんなところに目をつけたかというとですね・・・
わたくし中の人(?)の素性と言いますか、本業と言いますか・・・
何をしている人かと言いますと、大学院で紅茶の研究してるんですよ(笑)。
↑に書いたこともやたら難癖をつけるというか(笑)細かいと思われたでしょうけど(笑)
実はそういうバックグラウンドがありまして・・・(笑)。

まぁ紅茶を研究テーマにする前から、コーヒーより紅茶派だったんですけど
でもミルクティーよりはストレートティーやレモンティーで飲むことが多いかな(笑)。
曲としてはミルクティーの方が恋の甘ったるい感じが出て合っていると思いますけど、
福山雅治さんの「milk tea」然り(この曲も私ブログに以前書いてましたね)。

私の研究対象は、主に海外から日本に来る紅茶についてなので
狭山とか埼玉に今後調査に行くことはないと思いますけど・・・でも嬉しかったです、
こんなところに意外な接点(?)ができて。紅茶繋がり(?)で。
そしてもちろん、こんな曲ができたことも、偶然ですけど超個人的に喜んでます(笑)。

でも今の紅茶の研究を続けるかどうか、研究者の道に進むかどうかは迷い中で・・・
まぁでも、KEYTALKやthe cabsのことまで調べてしまったのは研究者気質というか(笑)
これまでにそこで培ってきたスキルが本領を発揮したといえるのかもしれません(笑)。


B01MZHWZ3T【Amazon.co.jp限定】PARADISE(CD+DVD)(初回限定盤A)(特製・ポスターE・B2変形429mm×728mm付)
KEYTALK
ビクターエンタテインメント 2017-03-15

曲名リスト(リンクはこのブログの各曲メモです)
1. Summer Venus
2. ASTRO
3. ダウンロードディスコ
4. MATSURI BAYASHI
5. パラサイト
6. HELLO WONDERLAND
7. 秘密
8. 森羅万象
9. HOROBIRO
10. Love me
11. STAY
12. Combat Song
13. boys & girls
14. story
15. ミルクティーは恋の味
16. スターリングスター
17. Oh!En!Ka!

by G-Tools


昨日は「リリパ」フリーライブでしたね。
私もネット中継で観させていただきましたが・・・少しは知ってもらう機会になったかな。
フェスや対バンでもこれぐらいの持ち時間のときもあるだろうなと思うし
それが無料で観られちゃうなんて贅沢でしたね。約5,000人集まったのもすごいですね。
全曲アルバム収録曲で、各メンバーのアルバム曲も最低1曲は披露されていましたね。
1曲目は「Summer Venus」でしたね・・・私の予想通りセットリスト1曲目の新たな
定番になるのか(笑)単に今回はアルバムの収録順がベースにあった可能性も・・・。
心なしか、巨匠が若干つらそうに見えましたが・・・花粉症か体調悪かったのかな・・・?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/448542365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。